スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉本芸人が47都道府県に住みこみ

地域のお手伝い!!ダウンタウン、明石家さんま、島田紳助からもエールが

 27日、新宿の吉本興業東京本部で、吉本芸人が全国47都道府県に住みこみ、各地域の活性化を目指す「あなたの街に“住みます”プロジェクト」発表会見が行われ、MCの藤井隆、全国各地に住むことになる47組の芸人、さらに各エリアを担当する47人の新入社員たちが出席。さらに応援として西川きよしが駆け付け、出席人数が総勢120~130人にもおよぶ盛大な発表会見となった。

 2012年4月に創業100周年を迎える吉本興業。

その一環として立ち上げられた本プロジェクトの応援に駆け付けた西川は「最初に聞いたときはすごいことを思いつくなと思いましたけど、いいことですよね。各地に行く皆さんには笑顔でまじめに、小さなことからコツコツと頑張っていただきたい」と期待を寄せた。このことはすでに元相方の故・横山やすしさんの墓前にも報告したとのことで、「やすしさんが生きていたら喜ぶと思いますね。彼なら、広島の宮島とか、(埼玉の)戸田、(東京の)平和島、(長崎の)大村とか、競艇場のあるところに行かせてもらいたいと言うかもしれません」と冗談交じりに亡き盟友をしのんだ。

 本プロジェクトの今後のスケジュールとしては、本日4月27日より本プロジェクトの事務局設置および公式サイトの開設。さらに5月13日より「住みます」芸人引っ越しセレモニーを東京・大阪で開催。その足で47組の芸人たちが各地に引っ越しをし、地元の人たちと相談しながら、各地域のプロジェクトを立ち上げ、実施していくことになる。もちろん決定した各地のプロジェクトは吉本興業が全面的にバックアップしていくとのこと。

 また、この日は大物先輩芸人たちからのビデオメッセージも紹介され、「なんでも100年先を見越してやるプロジェクトみたいですが、再来年にはうちらが浅井企画に移籍しているかもしれません。どこに行っても吉本を応援します」(ダウンタウン)、「もう東京や大阪で芸人を、という時代じゃありません。笑いも政治と一緒で地方分権の時代です。お笑いをブームで終わらせないように頑張ってください」(島田紳助)、「わたしは和歌山生まれ奈良育ちですが、そこの代表が目に余るようだったら、いつでもわたしが彼らの代わりに住みつきます。とにかくこのプロジェクトが1年でも長く続いていただきたいと思いますが、その吉本が100年もつのか心配です」(明石家さんま)とビッグネームから次々とエールを送られると、その都度、若手芸人たちの間からどよめきが起きた。

 一方、被災地へ派遣される芸人たちにとっても、本プロジェクトへの思いはとても強い様子。福島県に派遣されるぺんぎんナッツの2人が「今だからこそ、笑いと笑顔を届けたいと強く思っています。不安はありませんと言ったらうそになるかもしれないですが、できる限り早い復興を願っています」と語ると、宮城県に派遣予定のけんぞうも「自分は東京育ちなのですが、おばあちゃんが宮城県にいます。震災後に宮城県に行ったときにとても不自由をしていたので、何とか力になれればと思います」とコメント。さらに岩手県に派遣予定のアンダーエイジの熊谷由輔も「僕の知り合いでも、今回の震災で連絡がとれなくなった人がいます。もともとこの企画がなくても帰りたいと思っていたので、これほど自分のやりたいことと一致した企画はありません」と本企画に意気込みを見せていた。地域活性化を通じて日本を元気にしようという本プロジェクト。今後の行方が楽しみだ。(取材・文:壬生智裕)
(引用:ライブドアニュース)

凄いプロジェクトだね~
長野県は誰が来るんでしょうかね・・・

tag : 吉本興業

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。