スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長島が銀、加藤が銅!日本勢メダル1、2号…スピードスケート

 ◆スピードスケート男子500メートル(15日・五輪オーバル) 日本の長島圭一郎(27)=日本電産サンキョー=は銀、加藤条治(25)=日本電産サンキョー=が銅メダルを獲得した。今大会の日本選手団初メダルで、ともに五輪で初のメダル獲得。スピードスケートでは2002年ソルトレークシティー五輪で清水宏保が銀メダルを取って以来、2大会ぶりのメダルとなった。男子500メートルで2人が表彰台に立ったのは92年アルベールビル五輪の黒岩敏幸の銀、井上純一の銅以来2度目。

 1回目35秒108で6位の長島は、2回目でトップの34秒876を出し合計1分9秒98で銀メダルを勝ち取った。

1回目に34秒937で3位の加藤は2回目は35秒076と粘り合計1分10秒01で銅に食い込んだ。及川佑(29)=びっくりドンキー=は合計1分10秒42で13位、太田明生(25)=JR北海道=は1分10秒66で17位。1回目2位の牟太ボン(韓国)が優勝した。

 1回目の競技では前半10組を終えた時点での整氷作業で整氷車の不具合が発生し、レースの進行が中断、日本勢が登場した後半10レースが予定より約1時間15分遅れで始まったが、そのアクシデントを克服してメダル獲得を成し遂げた。

 長島圭一郎「1回目6位からで信じられない。2回目は開き直って、転んでもいいと思って、飛ばしていった」

 加藤条治「今回は万全の状態で臨んで、てっぺんを取れなかったのがかなり悔しい。2回目はどんどん突っ込んでいくつもりだった。後半ちょっと疲れた。頑張った割にタイムが出なかった」

 及川佑「自分の思い描いたイメージとかけ離れていた。悔しい。1回目は待たされて、気持ちの整理ができないままにスタートしてしまった」

 太田明生「力不足です。全力で滑ろうと思ったけど、何もかも差があった。あっという間に終わっちゃったなという感じ」

 橋本聖子日本選手団団長「よかったです。これで責任をまず一つは果たせた。日本はメダルを取れるチャンスのある種目がいっぱいある。これをきっかけに他の選手もチャンスをつかんでほしい」

 鈴木恵一・日本選手団総監督「予想は1個ということだったが、まさかの2個になった。長島は1回目でスタートミスをして追い込まれたが、その分2本目で燃えていた」

 竹田恒和日本オリンピック委員会会長「本当によかった。1人だけでなく、複数の選手がメダルを取ってチームジャパンとして力を発揮してくれた。(日本に)勢いをつけてもらいたい」

 清水宏保「自分も目指していた五輪なので複雑だが、楽しかった。長島の2回目は開き直りがプラスに働いて強かった。加藤は悔しいと思う」

 ◆長島圭一郎(ながしま・けいいちろう) 1982年4月20日、北海道池田町生まれ。五輪は2大会連続2度目出場。初出場のトリノ五輪は500メートル13位、1000メートル32位と惨敗。翌06―07年シーズンのW杯500メートルで初優勝を含む4勝を挙げ脚光を浴びた。昨季は世界スプリント総合2位。W杯通算8勝。1000メートルの日本記録保持者。池田高―日大―日本電産サンキョー。171センチ、70キロ。

 ◆加藤条治(かとう・じょうじ) 1985年2月6日、山形市生まれ。五輪は2大会連続2度目出場。山形中央高時に高校総体の男子 500メートルで3連覇。同高3年時に初出場したW杯長野で3位。05年11月のW杯で世界記録(当時)を樹立し、初出場の06年トリノ五輪で6位。世界距離別選手権は05年優勝、08年3位。W杯は今季2009−2010シーズンは1勝、通算7勝。山形中央高─日本電産サンキョー。165センチ、65キロ。

 ◆牟太ボン(韓国)今季のW杯ランキングの500メートルで14位、1000メートルでは2位につける。500メートルで目立った実績はなく、昨年の世界距離別選手権では1000メートルで8位だった。177センチ、72キロ。21歳
(引用:ライブドアニュース)

バンクーバー五輪初めて日本にメダルです。
長島選手&加藤選手おめでとう!!

tag : スピードスケート 長島圭一郎 加藤条治 バンクーバー五輪

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。