スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴン札幌!背番「9」年俸最安も決め手は医療体制!

 J2コンサドーレ札幌は23日、J1磐田を今季限りで退団する元日本代表FW中山雅史(42)の来季加入を発表した。推定年俸は800万円。J2熊本とのマッチレースを制した決め手は、専用クラブハウスや3人の常駐トレーナーなど医療体制の充実ぶり。来季J1昇格へ札幌は、抜群の知名度を誇る中山の集客力だけでなく、J歴代最多157得点の決定力、2度のW杯出場の精神力と「3つの力」に期待を寄せている。すでに背番号9も用意。24日に札幌市内で入団会見を行う。

 北の大地にひと足早いクリスマスプレゼントが届いた。

札幌が最後まで競り合っていた熊本とのマッチレースを制し、中山の来季加入が決定。最終決断を下した元日本代表FWは「札幌では磐田で成長させてもらった魂を胸に、ピッチで走りたいと思います」とコメントした。雪降る中での朗報に札幌・矢萩竹美社長(59)は「オファーをしてから少し時間がたちましたが、結果としてホッとしています。サッカーに取り組む、ひたむきな姿勢に期待したい」と喜びの声を上げた。

 熱意が通じた。今季の年俸は2200万円だったが、札幌が提示した金額は800万円(いずれも推定)。獲得を打診した他のチームよりも金銭面では劣っていたものの、専用クラブハウスや3人の常駐トレーナーなどバックアップ体制の充実を、来季43歳を迎える中山にアピール。三上大勝強化部長(38)は「医療面に関しては高い評価をいただいている」と手応えを感じ取っていた。また、11月9日に磐田を戦力外になると、他クラブに先駆け、オファーを出した誠意も通じた。

 札幌は中山に「3つの力」を期待する。J歴代最多の157得点を誇る決定力、W杯2度出場など豊富な経験からの屈強な精神力、そして全国区の知名度での集客力。今季はリーグ戦1試合8分間の出場にとどまったが、三上強化部長は「クロスを点で合わせる能力は魅力。プロ選手としてチーム内、ピッチ上で強い生きざまを見せてもらえれば」と口にした。

 すでに「ゴンちゃんと一緒に北海道を盛り上げたい」と話す石崎信弘監督(51)の来季続投も決定している。代名詞ともいえる背番号9も用意。万全の態勢で中山を受け入れる。

 ◆中山 雅史(なかやま・まさし)1967年9月23日、静岡県生まれ。42歳。藤枝東高、筑波大を経て90年にヤマハ(現・磐田)入り。日本代表として98、2002年W杯に出場。A代表通算53試合で21得点を挙げた。98、00年Jリーグ得点王。98年の4試合連続ハットトリックはギネス記録に。J通算354試合157得点。178センチ、72キロ。
(引用:ライブドアニュース)

コンサドーレ札幌か~・・・
横浜FCに期待していたんだけどな・・・

tag : J2 コンサドーレ札幌 中山雅史

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。