スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸ちゃん、国内10年ぶりVに涙&スマイル

 「日本シリーズJT杯最終日」(6日、東京よみうりCC)

 4位で出た丸山茂樹(40)=フリー=が64の6アンダー、通算9アンダーで回り、同スコアで並んだ金庚泰(22)=キム・キョンテ=をプレーオフの4ホール目で振り切って、99年のブリヂストンオープン以来、10年ぶりとなる日本ツアーでの優勝を果たした。同ツアーでは10勝目。主役を奪った“丸ちゃん”だが、石川遼(18)=パナソニック=の活躍には素直に拍手。米ツアー挑戦を勧めた上で「僕が勝った3回を超えてほしい」とエールを送った。

 石川に代わって最後を締めた。

数十センチのウイニングパットのラインを丸山茂は慎重に、慎重に読んだ。ボールがカップに吸い込まれると、両手を握りしめガッツポーズ。キャディーと抱き合い、右腕を突き上げ、体全体で喜びを表した。帰ってきた“丸ちゃん”を石川と同じくらい大きな歓声が包み込んだ。

 10年ぶりに味わう日本での美酒。優勝スピーチでは涙で声を詰まらせる場面もあった。「優勝して泣いたのは初めて。年で涙腺が緩くなったせいもあるんでしょうけど」。ジョークを飛ばして強がってはいても喜びは抑えきれない。「最後で優勝できたのは本当にうれしい。それにつきます」と笑顔がはじけた。

 6アンダー、ノーボギーの猛チャージで金庚泰をとらえた。15番から17番までの3連続バーディーでトップに。プレーオフでは先にグリーンに乗せて金に重圧を与え続けた。両者ともグリーンを外した4ホール目、丸山茂が2打目をピンそばにつけたのに対し、相手が1メートルの3打目を外して勝利をほぼ手にした。

 10年ぶりに日本に主戦場を移した今年、ツアーの主役を22歳下の石川が演じた。「優勝を積み重ねているのが素晴らしい。それを守っていかないといけないと宿命を感じた時、大変になる」と史上最年少賞金王にエールを送る。米ツアー挑戦についても「早めに挑戦した方がいい。能力は高い」と後押しした。

 自身は来年1月に米ツアー・ソニーオープンに出場した後は「日本で強い自分を取り戻したい」と国内で戦うつもりだ。海外は石川ら若い世代に任せ、帰ってきた“丸ちゃん”は日本で輝く。
(引用:ライブドアニュース)

tag : 丸山茂樹

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。