スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織田、逆転切符!五輪一番乗り!!…フィギュアGPファイナル

 ◆フィギュアスケート GPファイナル第3日(5日、東京・代々木第一体育館) 男子はSP3位の織田信成(22)=関大=が2位に順位を上げ、初の五輪切符を獲得。SP首位の高橋大輔(23)=関大大学院=は5位に終わった。

 信成が一番乗りで、悲願の初五輪切符をつかんだ。「この4年間、五輪のことだけ考えてやってきた」。涙はなかったが、大きな口をさらに大きくして喜んだ。

 SP首位の高橋とは2・30点差。確実に代表を取るために“花よりも実を取る”守りの滑りで出撃した。

冒頭の大技の4回転ジャンプは3回転に難易度を落としてきっちり点を稼いだ。だが、演技後半の2つの高得点ジャンプが失敗。「(高橋に)逆転したいという欲」がわき出て空回りした。試合後はリンク外のモニターで最終滑走の高橋の演技を凝視。結果的に勝ったが「満足できない試合内容だった」だけに複雑だった。

 「いろいろ学んで成長できた」。五輪ロードは号泣ばかり。18歳だった4年前。1つしかないトリノ五輪の代表枠を高橋と争い、負けた。採点ミスで王座まで明け渡し、その夜は母・憲子コーチといっしょに一晩中、泣いた。中でも「一番きつかったのは2年前」。07年7月に酒 気 帯び運転で検挙され、出場停止処分を受けた。涙ポロポロの謝罪会見も経験した。同じモロゾフ・コーチに師事する安藤と“苦労人同盟”も結成し「お互い慰め合ってきた」(安藤)。 この2年間は、朝起きると、まず戦国武将のご先祖様、織田信長の霊に向かって合掌するようになった。初の五輪に向け「4回転に挑戦したい。守りに入らず攻めの姿勢でいく」と誓った信成。天下統一への第一歩を踏み出した。
(引用:ライブドアニュース)

tag : フィギュアスケート 織田信成 五輪

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。