スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天才・谷」の華麗なる一撃で快幕!

【巨人4―3日本ハム】込み上げた感情は活躍した喜びだけではない。たった1打席。8回の一飛を悔しがるところが「天才・谷」たるゆえんだ。

「1打席目から思い切りいった。どうせなら全打席打ちたかった」

先制の一撃が大きかった。2回に武田勝から左翼席に叩き込んだ。日本シリーズ1号。外角直球が2球続いた後、今度は内角にきた直球をフルスイング。

バットコントロールのうまさで、直球でも変化球でもどんな球にも反応できるところが天才なのだが、コースや球種を読み切って打つ時もある。体を早めに開き、3球目に初めてきた内角球を狙い澄ました。

「札幌ドームは広い球場なので入る確信はなかったけど、思っていた以上に打球が伸びてくれた。いい流れをつくることができたかな」。5回は中前打、7回も右前打。いずれも先頭で口火を切ってホームを踏んだ。3安打3得点1打点。それも左、中、右と広角に打ち分ける芸術的な打撃を見せつけた。

昨年の西武との日本シリーズは5試合に出場したが9打数1安打。何も貢献できなかった。あの屈辱から1年。ことしはCSで満塁弾を放つなど、ポストシーズンで大きな存在感を示している。

第2戦はダルビッシュとの対戦が濃厚。だが、谷は涼しげに言った。「誰が来てもボールにバットを合わせるだけ。日本一に向かって進むだけです」。大一番に強いベテランがいるから巨人は強い。
(引用:ライブドアニュース)

tag : 巨人 日本ハム

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。