スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊池 松坂の道!!西武から「世界の星」になる!

菊池は西武――。「プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBA」が29日、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われ、花巻東の155キロ左腕、菊池雄星投手(18)は6球団が1位指名で競合したが、西武・渡辺久信監督(44)が交渉権を獲得した。

画面の中では渡辺監督がガッツポーズしていた。ようやく緊張から解き放たれた菊池は、応接室に陣取った両親、佐々木監督らの顔を見渡して照れ笑いを浮かべた。

「やっとスタートラインに立ててホッとしています。西武さんは昨年も日本一になり、涌井さん、岸さんはじめ松坂さんも活躍していたし素晴らしい投手がたくさんいる感じです」

ドラフト史上最多球団による指名はならなかったが、6球団が1位で入札した。ウエーバー順で読み上げられる1位指名選手で、菊池が呼ばれたのは5球団目の西武が最初だった。「球団は1つ。その球団でベストを尽くすだけ」と話していた菊池にとって、どこが引き当てるかは二の次だったが、結果的には西武が交渉権を獲得したことに深い縁を感じた。16日から始まった日米20球団の面談は西武がトップバッターだった。「その時も東北の選手が多いという話をしてくれて…高い評価もしてくれて光栄に思っています」。会見が進むにつれ、菊池の顔は紅潮の度を増していった。

工藤、渡辺久から松坂、涌井まで。西武では高卒投手が球界を代表する投手に成長している。中でも松坂は8年間在籍した上で07年、ポスティング・システム(入札制度)で誰からも応援される形で海を渡った。これこそが菊池が目標とすべき道だ。夢だった「高卒即メジャー挑戦」を断念した25日の会見では涙を流しながら「ファンの皆さまに認められて日本一の投手になってからアメリカに挑戦したい」と話した。夢をかなえるには誰からも認められる投手になること。西武は若手中心のチームで昨年は日本一に輝いている。その中で実績を積めば、夢への扉は自然と開いてくる。

午後7時前、近くの駅に待機していた編成部の水沢アマチュア担当が指名のあいさつに訪れると「どんな練習に取り組んだらいいか」などと早速質問。手渡された帽子をかぶってみせるなど気分はもうレオの一員だ。

「自分は田舎者なので埼玉は不安はあるけど、パ・リーグは凄い打者がいるので楽しみ」と思いをはせた菊池は「これからは花巻東の菊池雄星でなく、1人の人間としてスタートを切る。日本中で応援してくださる方のために投げたい」と宣言した。岩手の星から、日本の、そして世界の星へ。進むべき道がしっかりと見えた今、新怪物伝説の第2章がいよいよ始まる。
(引用:ライブドアニュース)

プロでも頑張ってね~

tag : プロ野球ドラフト会議 花巻東 菊池雄星

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。