スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知応援団もドタバタ“雨”回ルート

 「高校野球1回戦、如水館-高知」(10日)
 雨にほんろうされたのは、グラウンドの選手たちだけではなかった。この日、三塁側アルプス席の高知の応援団は激減した。前日はバス21台で700人が甲子園入りしたが、予定外の順延となったこの日はわずかバス7台。控え選手と吹奏楽部員、一般学生らの総勢236人にとどまった。

 前日9日には、降雨ノーゲーム決定後の帰路、四国に入ったところで徳島道の一部が豪雨で不通になった。一般道走行を余儀なくされ、学校到着は午後6時前後となったが、学校のある高知から離れた宿毛地区に到着したのは、午後11時だったという。その30分後の同11時半には学校から再度、応援バスが出発。参加者は自宅に戻って入浴、着替えくらいの時間しかなかったという。
 悪天候を考慮し、前日の淡路ルートを避け、2回目は瀬戸大橋で瀬戸内海を渡る大回りのルートを選択。日付が変わった2時50分に兵庫・龍野西SAまで来ると、約3時間、仮眠や休憩を取って球場入りした。
 せっかくたどり着いたのに、またノーゲーム。当初は「(翌日の応援は)全部で100人ちょっとくらいかな。雨の中で2日間頑張ったブラスバンドの生徒の体調を考えれば、ブラバンなしか…」(学校関係者)と危惧されたが、11日の試合が第4試合に変わったことで、事態は好転。3度目の応援団出発は11日午前9時と日程が緩和され、バス8台、約200人の応援が決まった。吹奏楽部の部員も参加するという。
 「応援も皆、頑張ってます。選手もこれに応えてくれるでしょう」。応援団責任者の橋本達広教諭(37)が力を込めた。
(引用:ライブドアニュース)

応援団も大変ですね~・・・

tag : 甲子園 応援団

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。