スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケルさん追悼ライブ葬…長女号泣「ずっと最高のパパ」

 6月25日(日本時間26日)に死去した米国歌手マイケル・ジャクソンさん(享年50歳)の追悼式が7日(同8日)、米ロサンゼルスの屋内施設「ステープルズセンター」で行われた。マイケルさんの3人の子供は常備していた“仮面”を着けずに顔を見せ、ステージ上で号泣。マライア・キャリー(39)やスティービー・ワンダー(59)ら親交の深かった著名人が数々の名曲を熱唱。約1万7500人の一般入場者に加え、世界中のファン約10億人も「キング・オブ・ポップ」の早すぎる死をしのんだ。

 メディア対策で常に“装備”していたお面はない。

深紅の花が手向けられた金色のひつぎを前に長女パリスちゃん(11)は「生まれた時からずっと最高のパパだった」。涙を見せながらも初の公の場で堂々としたあいさつだった。 

 式典の終盤でジャクソンファミリーは並んで追悼。謎に包まれた親子関係だが、遺族を代表し、最後にスピーチした長女の実直な言葉が、会場約2万人の胸を打った。

 生前、親交があった歌手や著名人も出席した。マイケルさんの生前の姿がスクリーンで上映される中、マライアはトップバッターで「ジャクソン5」の名曲「アイル・ビー・ゼア」を披露。「ネバー・ドリームド・ユード・リーブ・イン・サマー」をピアノで弾き語ったスティービー・ワンダーも「この瞬間が来るのを生きているうちに見たくなかった」と悲しみを吐露した。

 アフリカ飢餓救済のためマイケルさんが中心になって制作された名曲「ウィー・アー・ザ・ワールド」も元恋人の女優・ブルック・シールズ(44)ら参列者全員で大合唱。惜別の思いを胸にマイケルさんを盛大な“コンサート葬”で天国へと送り出した。

 遺族らのセレモニー後に営まれた同式典は米主要テレビが生中継し、インターネットでも映像配信。約10億人の人々が視聴したといわれている。

 一般参列者は抽選で選ばれたため、入場券を持たないファン数十万人が会場周辺に駆けつけるとの見通しもあったが、AP通信によると、1000人程度。周辺の通行止めや、ロス警の騎馬隊など3000人が警備にあたり、大きな混乱はなかった。
(引用:ライブドアニュース)


King of pop●追悼◆マイケル ジャクソン
DVD BOX DVD32枚入り+1CD
【輸入・お取り寄せ商品】

tag : マイケル・ジャクソン

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。