スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内藤、上海防衛戦中止…都内で代替開催へ

 ボクシングの宮田ジムは23日、今月26日に予定していたWBC世界フライ級タイトル戦の中国開催中止を発表した。当初は王者・内藤大助(34)=宮田=が、同級14位・熊朝忠(26)=中国=を挑戦者に上海でV5戦を行う予定だったが、プロモーターの宮田ジムに書類上の不備が発覚したため、中国開催が不可能となった。熊側とは日本開催で合意し、26日に東京・江東区のディファ有明での開催を予定。緊急事態のため世界戦のみのワンマッチ興行となる可能性もあり、前代未聞の世界戦となりそうだ。

 日本ボクシング界において前代未聞の出来事が起こった。

26日に中国・上海で開催を予定していたタイトル戦が、試合3日前にして日本開催に変更となった。関係者によると、21日に中国側から書類上の不備により開催困難の連絡が入り、21日に急きょ宮田博行会長(42)が中国入りしたが、開催中止が決定した。
 さっそく宮田ジムは26日の日本開催に着手し、代替会場としてディファ有明を確保。ただ、緊急事態のためにアンダーカードを組むことができず、興行は世界戦のみ1試合となる可能性がある。日本ボクシングコミッション(JBC)に対し、本来は異例であるワンマッチ世界戦の承認を打診している。
 24日に上海入りする予定だった内藤は出発を見合わせ日本にとどまる。また挑戦者の熊は24日に来日し、同日午後に都内で王者と挑戦者がそろって調印式を行う。25日には都内で計量を行う。
 この試合はTBSが「史上初2大格闘技祭り」と題して、午後7時55分から約3時間、山本“KID”徳郁や元メジャーリーガーのホセ・カンセコらが出場する総合格闘技イベント「DREAM・9」との二元中継を予定。ボクシング界史上初の中国での世界戦開催は中止となったが、TBSとしては格闘技との“二元中継”という企画を崩したくないため、26日の開催にこだわったという背景があり、予定通りに放送される見込みだ。
(引用:ライブドアニュース)


内藤大助&加藤夏希/ケロロ・ジャポ~ン!


内藤大助選手プロデュース!ダイエットサプリ「ザ チャンピオン」お買得2個セット【送料・代引...

tag : ボクシング WBC世界フライ級 内藤大助

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。