スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“不仲説”を認めたスキマスイッチのこれから

 05年から3年連続で「紅白歌合戦」(NHK)に出場した人気ユニット「スキマスイッチ」。昨年1年間、活動を休止していたことで“喧嘩別れ説”がささやかれていたが、ついに活動を再開した。

 6日にラジオの公開生放送に出演。久々に2人揃ってファンの前に姿を見せ、ギクシャクぶりが目に付いたのだが……。

 ピアノの常田真太郎(31)はトレードマークだったアフロヘアをやめて心機一転をアピールしたが、ファンの間で評判が良かった軽妙なトークは冴えないまま。

これまで、ほぼメールのやりとりだけで曲作りしてきたことを明かすなど、不仲説は真実だったことを告白した。

 実際、ボーカルの大橋卓弥(31)が「1年間ソロ活動してみて一緒に曲を作ることの大切さに気づいた」と振り返ると、常田も「たしかに顔を合わさないことが増えていましたね」としんみり。まるで恋人同士の“復活愛”を聞いているような真剣トークで、会場には重たい空気が流れていた。

 もっとも、ファンにとって活動再開はうれしい限り。2人の関係がなんだかぎこちないままなのは明らかだが、2人でスタジオに入ってゼロから作ったという新曲「虹のレシピ」(5月20日発売)は、いままでにないメッセージ性の強いものになっている。

 生まれ変わったスキマスイッチは、はたしてファンに受け入れられるだろうか。
(引用:ライブドアニュース)


[枚数限定][限定盤]虹のレシピ/スキマスイッチ[CD+DVD]

tag : スキマスイッチ 常田真太郎 大橋卓弥

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。