スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清志郎さん葬儀「雨上がりの夜空に」でお別れ

 がん性リンパ管症のため2日に58歳で他界したロック歌手、忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名・栗原清志=くりはら・きよし)さんの葬儀が4日、都内で営まれた。読経の代わりに清志郎さんの名曲の数々が流れた“ロック葬”。出棺前の最後の別れでは代表曲「雨あがりの夜空に」を参列者全員で合唱。別れを惜しむ「アンコール!」の声が飛ぶなど、まるでライブハウスのような興奮と深い悲しみが交錯したフィナーレとなった。

 「皆さまのアンコールにお応えしてもう1回行くぞ!」。司会者の声に約110人の参列者は「イエーッ!」と興奮の拳を突き上げた。

 音楽仲間もスタッフもそして遺族も、全員が「雨あがりの夜空に」の明快なリズムに合わせて拍手し、跳びはねる。でもその顔は涙でボロボロ。叫ぶように歌いながら泣いている。盟友のギタリスト仲井戸麗市(58)は気絶するような勢いで礼服が乱れるほど棺に向かって踊り、その姿がさらに涙を誘った。何かに例えながらメッセージを歌に込めるダブルミーニングを得意とした清志郎さんにふさわしい、明るさの中にこそにじむ悲しみが、より深く参列者の胸に刻まれた。

 棺の中で赤やピンクの花に囲まれた清志郎さん。遺影にあるいつものはにかんだ表情とは違い、たくましい男の顔をしていた。病魔との闘いがその顔にしたのか。長男の竜平さん(20)と長女の百世さん(17)のために「どんな時でも子供を助けにいける強いオヤジになりたい」と、自転車を始めた時の思いが成就したように見えた。

 音楽人生そのままにすべてが破天荒な葬儀。司会者の「きょうは素敵な日にしようぜ!盛大なる拍手喝采を。ミスター・キング・オブ・ゴッド・夢助、フォーエバー忌野清志郎!」と紹介してスタート。読経の代わりに流された曲は、葬儀前を含めて延べ26曲。「キング・オブ・ライブ」と言われた故人にふさわしいメッセージ色あふれる歌が並んだ。竜平さんが胸に抱く位牌に刻んだ戒名は忌野清志郎だ。

 出棺の際、棺にはライブで登場する時に使っていたド派手なマントが掛けられた。愛用のウクレレとオカリナ、自転車の時のジャージー&パンツ、今年の年賀状、著書、ギターピックなどが納められた。赤い花びらが舞う中、火葬場へ向かった清志郎さんに参列者から投げられた最後の言葉は「ボス!また会おうぜ」だった。
(引用:ライブドアニュース)


忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館


《送料無料》忌野清志郎/入門編(CD)


ギターソングブック大型楽譜につき、送料別忌野清志郎 / ギター・ソング・ブック

tag : 忌野清志郎

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。