スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上原 デビュー戦で松井秀を3タコ

 「オリオールズ7-5ヤンキース」(8日、ボルティモア)
 オリオールズ上原浩治投手(34)はヤンキース戦で先発して5回5安打1失点と好投、デビュー戦で勝ち投手となった。ヤンキースの4番松井秀喜外野手(34)との注目の対戦では、二ゴロ、遊直、左飛に仕留めた。

 松井秀の放った飛球が三塁手のグラブに収まった瞬間、ベンチで見守っていた上原のもとに仲間が駆け寄ってきた。

誰彼ともなく抱き合って握手を交わす。メジャーデビュー戦で初先発初勝利。5回5安打1失点のパフォーマンスだった。
 「正直、メチャクチャうれしいです。野球をやってきてよかった」
 注目は、かつて巨人でエースと4番の関係だった松井秀との対決だ。初対戦は一回二死一塁。「かなり意識しました」。2球連続空振りで追い込むと、最後はフォークで二ゴロ。芯を外してバットをへし折った。2打席目は遊直、3打席目は外寄りの直球で左飛に仕留めた。「2打席目以降は9人のうちの一人と考えることができた」。
 投球練習でボールが予想以上に滑ったため、握りを変えて対処したという。奪三振ゼロで毎回走者を出しながら、「粘り強く投げられた」と言うように最少失点に抑え切った。
 スタンドに駆けつけた家族や親類17人の期待にも応えてみせた。もちろんチームの期待にも。「ウイニングボールにはきょうのスタメン全員にサインをもらおうかな」と笑った上原。第2のプロ野球人生が幕を開けた。
(引用:ライブドアニュース)

 VS 

tag : オリオールズ 上原浩治 ヤンキース 松井秀喜

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。