スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かおる姫脱がされた!転向初戦は“鳥肌”勝利…ビーチバレー

 ◆ビーチバレー JVB愛知オープン予選神奈川・平塚大会第1日(4日・湘南ひらつかビーチパーク) 本番初体験のかおる姫が“強制脱衣”を命じられた。元バレーボール全日本女子代表の菅山かおる(30)=WINDS=が、パートナーの溝江明香(18)=産能大=とデビュー戦に出撃し、国内中堅の樽井早苗(30)=KYUBA=、豊田玲子(25)=フリー=ペアに2−0でストレート勝ちした。練習を通じてブッツケ本番同然の実戦で、大会側から防寒用スパッツの着用を禁じられる“洗礼”を早くも浴びたが、不動心で突破。第二のバレー人生の第一歩を力強く踏み出した。

 菅山が全身に鳥肌を立てながらデビュー戦を突破した。

「ホントにホッとした」重圧と緊張から解放され、試合後にようやく笑顔が漏れた。試合時間わずか20分の圧勝劇。ペア歴2年の樽井、豊田組を相手に、第1セットは21−12で先取し、第2セットも途中で1点差でリードされたものの最後は21−16で突き放した。強い海風が吹きすさぶ肌寒いビーチでブルーの水着1丁。菅山は、汗をかく間もない勝利をブルブルと震えながら喜んだ。

 当初は防寒用のスパッツを着用する予定だった。規定でも許されていたが、直前の組が水着になったことで、大会ディレクターが公平を期すためにと“脱衣”を指示。菅山ペアも規定を主張したが、最終的には「普通は前組が脱いだら脱ぐのが当たり前」という“慣例”に従った。観客150人以上、テレビカメラ14台を含む約50人の報道陣に、日焼け跡くっきりのビキニラインを披露するはめになった菅山は「スパッツは着て出たかったですね」と苦笑いした。

 無風の室内競技から、風、砂の影響をモロに受けながら、水着での初の実戦は「ほとんどブッツケ本番だった」。昨年高校王者の溝江とは、この日が5回目の顔合わせ。強風対策に、溝江の175センチ長身から放つサーブで大量得点を稼ぐ戦術が大当たりした。当初は試運転と位置づけたデビュー戦だったが、試合途中から「勝つつもりで行った」と欲もわいた。

 試合後の選手同士のあいさつも分からず右往左往したが、ビーチのイロハは心得た。「室内と違って、やはり自然の中でやる競技なんだな」と納得顔のかおる姫。デビュー戦圧勝の自信を胸に、5日の予選2日目も勝ちに行く。
(引用:ライブドアニュース)

VOAR!(ボアール) 菅山かおるファースト写真集<メイキングDVD付>

tag : 菅山かおる

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。