スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内藤V4!どつき合い制し11回TKO

 「WBC世界フライ級タイトルマッチ」(23日、両国国技館)
 王者・内藤大助(34)=宮田=が、挑戦者・山口真吾(29)=渡嘉敷=を11回1分11秒、TKOで下し4度目の防衛に成功した。序盤からパワーで圧倒した内藤は11回、右の打ち下ろしでダウンを奪い、山口が立ち上がったところを怒とうの連打でレフェリーストップ。圧倒的な強さで、自身の持つ世界王座防衛最年長記録を更新した。V5戦は来年3月、同級1位のポノムランクレック・グラティーンジム(タイ)との指名試合を予定している。

 強烈な一撃だった。右フックから左フックのダブル。最後はこん身の力を込めて右を打ち下ろした。ゆっくりと山口がキャンバスに崩れ落ちた。足元をふらつかせながら立ち上がった相手を、内藤は逃がさなかった。大振りの左右フックで怒とうの連打。鬼の形相で襲いかかり、完全に息の根を止めた。
 中盤までポイントを大きくリードしていた。8回終了時に発表された採点は3ジャッジ全員が内藤を支持。最大6ポイント差が開いていた。11回に入った時だった。それまでKOを狙っていたが、判定狙いに気持ちを切り替えた。肩の力が抜け、パンチが自然に出るようになった。ダウンを奪った右も自然に出たパンチだったという。
 自らが持つ日本選手の世界王座最年長防衛記録を更新する34歳3カ月でのV4を「ダウンを取ったパンチは自然に出たパンチ。KOを狙っていたら出てなかった。中盤までポイントを取っていたけど、逃げるのは好きじゃない」と振り返った。
 セオリーに反して34歳の肉体にムチを打ち続けた。試合ごとに重ねる年齢と比例して練習量を増やしてきた。世界王座を獲得してからも練習量は増え続けている。内藤を指導する野木トレーナーは「まだまだ体力的に伸びている。36歳までは伸びる。そして38歳までそれを維持できるでしょう」と証言した。
 「休む勇気」が勝利を導いた。前回7月のV3戦は、オーバーワークがたたり苦戦を強いられた。それを反省材料に今回、宮田会長から異例の「休養指令」が下された。これまで試合直前まで陰で練習をしてきた男が「勇気」を持って練習を休んだ。試合直前の1週間で2日間、初めて休養を取った。
 次戦は来年3月に1位ポノムランクレック(タイ)との指名試合が決定的。ただ宮田会長は「WBCから指名のレターが来れば指名試合。こなければビッグマッチになる。亀田興毅?世界ランカーですから候補の一人です」と明言を避けた。
 「今日はほんとに勝てて良かった。これでいい年を迎えられます」。進化し続ける驚異の34歳が、来年もボクシング界をけん引する。
(引用:ライブドアニュース)


いじめられっ子のチャンピオンベルト

tag : WBC世界フライ級タイトルマッチ 内藤大助

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。