スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーニー本気になった!5分で2発…トヨタ・クラブW杯

 ◆トヨタ・クラブW杯準決勝 G大阪3−5マンチェスターU(18日・横浜国際総合競技場) 主役は遅れて登場した。後半25分過ぎ。ベンチにいたFWルーニーがコートを脱いで戦闘態勢に入ると、日本のファン、イングランドからやってきた1000人以上のファンが期待にどよめいた。同29分、無数のフラッシュに迎えられてエースが登場。ピッチに入った直後のプレーで1点を奪われると、一気に本気モードに入った。

 G大阪に1点を許した後半30分。

キックオフされたボールはMFフレッチャーを経てルーニーへ。胸でトラップして体を入れ替えるとDF中沢をかわし、左足で流し込んで3−1と突き放すゴール。自身の出場から52秒、失点からわずか42秒での得点だった。「相手にダメージを与えられた」ファーガソン監督も絶賛の得点で勢いに乗った。

 さらに3分後。ゴール前でつぶれ役になりチーム4点目を呼び込むと、同34分、スルーパスをDF2人に挟まれながら受け取り、ダメ押しの5点目をあっさり決めた。わずか5分間で2得点の大仕事。しかし、パスを出したFWギグスに拍手しただけで笑顔はなし。「このチームはチャンピオンになることを期待されているから」勝って当然。仲間に祝福されても表情ひとつ変えなかった。

 悪童ぶりも発揮した。同37分、しつこく食い下がる守備にいらだち、倒れたDF安田理の腹部にあるボールを2、3度乱暴に蹴って警告を受けた。試合後は自らDF山口のもとに歩み寄り、ユニホームを交換。ようやく穏やかな表情をみせた。

 目標は「リーグ戦、欧州CL、クラブW杯優勝」の3冠制覇。狙うは欧州CLを制し、クラブW杯の前身トヨタ杯で初優勝した99年の再現だ。決勝はLDUキトと対戦するが「南米王者だっけ? よく知らない」と言い切る。目の前の敵は誰であろうと倒すだけ。エース番号10を背負う男が、あと1歩に近付いた世界の頂点へ導く。
(引用:ライブドアニュース)

ガンバよく頑張った。。

tag : クラブW杯 G大阪 マンチェスターU

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。