スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寛平ヨット公開!1千万円で大改造

 お笑いタレント・間寛平(59)が、マラソン&ヨットで世界一周を目指す「間寛平アースマラソン」(17日、大阪出発)のスタートを2週間後に控えた3日、東京・江東区の夢の島アリーナで乗船するヨット「エオラス号」を初公開した。太平洋と大西洋を航海するため船体は、衛星回線やパソコン、寒さをしのぐ特注のビニールカバーなど、寛平が1000万円の私財を投じて大改造。既にヨットの講習や救急処置のトレーニングも終えており、万全の準備で前人未到のプロジェクトに挑む。

 太平洋と大西洋を合わせて計1万6000キロの壮大なる洋上の旅。

大自然相手に安全と快適を求める寛平は、乗船するヨットに私財1000万円を投じて大改造に着手していた。
 「風の神様」を意味するエオラス号は、全長11・6メートル、全幅3・1メートル。寛平とともに乗船する元マネジャーが、13年前にプライベートで購入した外洋航海用の一隻だ。今回は、大航海に備えて通信衛星用のアンテナを設置。常時、パソコンやテレビカメラが使用できるハイテク船にモデルチェンジした。
 船室付近には、寒さをしのぐためにビニールカバーも付け、後輩の明石家さんまからは、メーンの帆を下ろしやすくする「レジージャック」をメッセージ入りでプレゼントされた。船底には、沈没の原因となる鯨を追い払うため天敵のシャチのイラストも入れるなど“見えない”工夫も施した。
 船内には、快適な睡眠を求めてテンピュールのベッドマットと枕を搬入。キッチン道具一式も備え付けるなど万全の態勢を整えた。既にヨットの講習やけがの応急処置も終えた寛平は「心残り?何もないですね。真剣にやらんと海は危ないからね。やることはきっちりやらないといけない」と気を引き締めた。
 寛平は、17日に大阪をランニングで出発。1月1日に千葉・鴨川から米・ロスに向けて“相棒”となる一隻とともに大海原へ出航し、約3年をかけて日本へと戻る。
(引用:ライブドアニュース)

無事に行って来て欲しいですね・・・

tag : 間寛平 アースマラソン

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。