スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福田団長、千春引退前に「ケジメつけろ」…10・11世界選手権へ出場指令

 北京五輪の日本代表選手団本隊が25日、羽田空港着の航空機で帰国した。26日には都内で選手団700人を集めて解団式が行われるが、日本レスリング協会の会長も務める福田富昭団長(66)は、北京で引退表明した女子48キロ級銀メダルの伊調千春(26)=綜合警備保障=に“ケジメの凱旋マッチ”として、世界女子選手権(10月11~13日、東京・代々木第1体育館)に出撃司令を下す考えを示した。

 福田団長率いる本隊が、17日間の激闘を終えて小雨降る羽田空港に帰ってきた。同日夜の都内会見に間に合わせるため、帰国便を当初予定の成田空港から移動に便利な羽田空港に変更。一般の出迎えは50人程度だったが、選手団は堂々と胸を張ってゲートをくぐった。

 日本の獲得メダルは金9、銀6、銅10個の計25個。前回アテネ五輪の37個を下回る結果に、福田団長は「行きは晴れ。帰りは大雨ではない小雨。晴れてれば良かったんだけどね」と表現。「選手はよく頑張った。今回の反省を踏まえて次(2012年ロンドン五輪)に、備えたい」と襟を正した。

 ロンドンへの再スタートを切る上で、レスリング協会の会長でもある福田団長は、女子レスリング4人に、10月の世界女子選手権へのそろい踏み凱旋試合を厳命。「日本のファンに顔を見せないと。ケジメをつける意味でも出てこないとね」と、引退表明した伊調姉妹の姉・千春に出撃司令を下した。

 女子は55キロ級の吉田沙保里(25)、63キロ級の伊調馨(24)=ともに綜合警備保障=が連覇し、72キロ級の浜口京子(30)=ジャパンビバレッジ=は2大会連続の銅メダルを獲得した。金を逃した千春は、来年中の結婚を計画しており、北京では「レスリングシューズを履くことはない」と帰国後もマットに上がらないことを明言。女子代表の栄和人コーチ(48)は千春の引退を引き留める考えを示したが、後は千春の気持ち次第となっている。26日の都内解団式には千春も出席する予定だ。解団式後には福田団長自らも引き留めの説得に出る構えだが、千春がどうこたえるか。
(引用:ライブドアニュース)

tag : 北京五輪 伊調千春

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。