スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サザン、天も泣いたラスト唱

 年内いっぱいでの活動休止を発表している人気バンド、サザンオールスターズが24日、横浜市の日産スタジアムで4日間にわたって行われたデビュー30周年記念ライブ「真夏の大感謝祭」を締めくくり、ファンにしばしの別れを告げた。最後はボーカルの桑田佳祐(52)も涙、涙…。桑田は「しばらく会えなくなるので、まぶたに焼き付けてもらいたいと思います」と、7万人のファンに夏の終わりに忘れられぬ一夜をプレゼントした。

 3時間を超えるしばしのお別れに、ファンの気持ちを代弁するかのように涙雨が降り続いた。
すべての曲目を終えると、キーボードの原由子(51)は「雨の中、盛り上げてくださって…、ありがとう…」と、もう言葉にならない。桑田も雨に涙を隠しながら「今日のことは忘れません。サザンのオリンピックも今日で閉会します。ありがとう!」と何度も顔をぬぐった。
 ラストには、体調不良のためライブに参加の予定がなかったパーカッションの“毛ガニ”こと野沢秀行(53)も登場。5人で両手をつなぐと一列に並び、深々と頭を下げ続けた。
 感謝の気持ちは、サザンのライブ史上最多となる全46曲に込めた。最後の曲は「Ya Ya (あの時代を忘れない)」。サザンの原点となる青山学院大時代を描いた、ライブのラストを飾ることの多いサザンにとって大切な曲。歌い始めた桑田の声が感極まってか、わずかに詰まった。
 前半には「青山通りから鎌倉」と題し、デビューした1978年から85年までの21曲をメドレー。さらに「鎌倉・由比ヶ浜からキラーストリートを経由して」(桑田)と90年代以降の曲を披露した。4日間にわたり熱唱した桑田の声は、かれているようにも聞こえた。
 サザンとともに歩んできたファンからの感謝のサプライズもあった。アンコールを前にいったん、ステージから消えたメンバーが戻ると、スタンドには「WE ARE SAS FAMILY!」と4万人分の巨大な人文字が出現。桑田も予想外のプレゼントに「泣かせるな」と感激した。
 五輪ならぬ5つの星形ネオンが輝くステージで、オリンピックとともにサザンの夏は幕を下ろした。だが、桑田は「また自信作を作って帰ってきます。みんな死ぬなよ。ありがとう!」と改めて宣言。大型ビジョンに映し出された「つづく」の文字が、パワーアップしたサザンとの再会を確信させた。
 なお、4日間のライブの模様をまとめた「完全版」が、10月(詳細未定)にWOWOWで放送される。
(引用:ライブドアニュース)

テーマ : サザンオールスターズ
ジャンル : 音楽

tag : サザンオールスターズ 桑田佳祐

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。