スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルト2冠!200Mも世界新19秒30!MJの記録0秒02更新!…陸上

 ◆北京五輪 陸上男子二百メートル決勝(20日、国家体育場) 男子二百メートル決勝は、ウサイン・ボルト(22)=ジャマイカ=が19秒30の世界新で金メダルを獲得した。1996年アトランタ五輪でマイケル・ジョンソン(米国)がマークした19秒32を0秒02更新する驚異的な記録。84年ロサンゼルス五輪でカール・ルイス(米国)が達成して以来、24年ぶり史上9人目となる短距離2冠を達成した。五輪の百メートル、二百メートルをともに世界新で制したのは史上初。男子で百メートルと二百メートルの世界記録を同時に保持するのは、史上3人目の快挙となった。

 歓声が地鳴りのように響き渡った。

 19秒30−。「今後100年間は破られないだろう」とまで言われたマイケル・ジョンソンの記録を0秒02更新するボルトの驚異の世界新。9万人で埋まった“鳥の巣”のボルテージは今大会、最高潮に達した。誰も競ることすら許さない圧倒的な速さ。駆け抜けた後、両手を大きく広げて大の字に横たわった。何度もスタンドに両手を高く挙げ、トラックにキス。「最高の気分だ。夢がかなった。長いこと世界新を夢見ていたが、実現するなんて想像もしていなかった」至福の瞬間に浸った。

 あきれるほどの速さだ。スタートダッシュは8人中5番目だったが、コーナーの立ち上がりで早くも体1つ抜け出した。直線に入ると、待ってましたとばかりにシフトアップ。金色のスパイクを一歩踏み出すごとに後続との差はグングン広がった。16日の百メートル決勝で最後を流した余裕はない。必死の形相で、胸を突き出しゴールラインを駆け抜けた。今大会初めて見せた本気の走りだった。陸上をはじめるきっかけとなった、あこがれのM・Jの見つめる前で、12年ぶりに記録を塗り替えた。

 百メートル決勝で、最後を流し9秒69の世界新記録をマークし、世界中の度肝を抜いた。前日の二百メートル準決勝も終盤80メートルは流す余裕を見せたが、「人生を懸けてきた」というこの日、ついにすべてを爆発させた。「全力を出し切った。一生懸命、自分を奮い立たせてゴールまで走り、もう何も残っていない」と振り返った。

 手抜きに見える「流し」は、究極のエコ走法だ。スタミナに不安があるボルトの2冠挑戦にミルズ・コーチは当初否定的だった。百メートルも含め、6日間で8レース。肉体的に負担が掛かるからだ。百メートル挑戦にゴーサインを出したのは実は五輪開幕直前のことだった。

 21日は22歳の誕生日。レース後は競技場に誕生日を祝う曲が流れ、体を小刻みに揺するジャマイカン・ダンスも披露した。観客は声をそろえて「ハッピーバースデー」と歌い祝福した。2つの金メダルと世界新は最高のプレゼントとなったに違いない。

 ◆ウサイン・ボルト(ジャマイカ)12歳から本格的に競技を始める。得意は200メートルで、02年に男子史上最年少の15歳332日で世界ジュニア選手権を制し、昨年の世界選手権は2位。04年アテネ五輪は1次予選敗退。これまでの自己ベストは19秒67。今季急成長し、100メートルで5月に9秒72、北京五輪で9秒69と、世界新を相次いで樹立。196センチ、86キロ。22歳
(引用:ライブドアニュース)

テーマ : オリンピック総合
ジャンル : ニュース

tag : 北京五輪 ウサイン・ボルト マイケル・ジョンソン

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。