スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引退・清原に盟友桑田氏エール

 「オリックス5-12楽天」(19日・スカイマーク)
 41度目の誕生日を迎えた18日の試合後に今季限りでの引退を表明したオリックス・清原和博内野手の正式表明後初の出場は、20日以降に持ち越された。前日「自分にとっての最後のシーズンの誕生日」と広報を通じてコメントした清原は、一夜明けた19日、いつもと変わらない様子でアップを行い、楽天戦に臨んだ。
 一方で、仕事のためこの日スカイマークスタジアムを訪れたPL学園時代からの盟友・桑田真澄氏(40)は「1打席、1打席を悔いのないものにしてほしい。(引退までに)彼の、独特のホームランが見たい」と清原と握手を交わし、感慨深げな様子で話した。
 金子の月間MVP表彰のため同球場を訪れた小池パ・リーグ会長は「球団からの要請があれば、実行委員会に諮ります」と球界の功労者としての表彰にも前向きの姿勢を示し、“周囲”は特別な思いで、清原の最後のシーズンを見守ろうという方向に動き始めた。
 試合はコロンカの不調が、中継ぎ陣まで“飛び火”する形で五回には大差でリードされる展開。大石監督は試合前、清原の起用について「チームの勝利を優先させる形で、これまでどおり」と話していたように清原を“温存”。「あんな展開で出したら失礼」と、勝負どころでの打撃に期待する姿勢を貫いた。
 本人も、チームの上位進出への力となり得ない打席は望まない。無言で“次”を見据え、球場を後にした。
(引用:ライブドアニュース)

tag : オリックス 清原和博 桑田真澄

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。