スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊調馨、連覇で引退…最強姉妹終えん

 「北京五輪・レスリング女子」(17日)
 レスリング女子63キロ級で、伊調馨(24)=綜合警備保障=が、決勝でカルタショワ(ロシア)を下し、2連覇を達成した。48キロ級で銀メダルを獲得した姉・千春(26)=綜合警備保障=に続き、引退を表明。レスリング界の最強姉妹がそろって、マットを降りる可能性が高くなった。

 4年間の思いがとめどなくあふれ出した。カルタショワとの決勝戦、結末は鮮やかだった。
1-0で迎えた第2ピリオド、片足タックルから、あっさりと相手を倒し試合を決めた。座り込んだまま、両手で顔を覆った。栄、木名瀬両コーチに抱えられても顔を上げることができない。タオルに顔を沈めたまま、控室に戻ると、待っていたのは姉・千春。愛する姉の胸でまた、泣いた。
 苦しい戦いだった。48キロ級の千春と“姉妹で金”を誓い合って乗り込んだ北京。前日、千春が決勝で敗れ、夢は散った。妹は激しく傷ついた。「戦う意味がないし、自分が金を取っても意味がない」。眠れず、食事ものどを通らない。妹を諭すように姉は言った。「2人の4年の道のりは金以上の価値がある。ありがとう。だから、馨は金を取りな」-。
 千春が銀で、馨が金。アテネと結果は同じでも、心は晴れやかだった。姉から「笑顔で行ってこい」と送り出された表彰式。一番上に立った馨は最高の笑顔でメダルにキスをした。「千春もいい表情で表彰台に上がっていた。金は1個だったけど、でもやっぱり2人で取った金。今回は心からうれしい」と、スッキリとした表情で話した。
 姉は引退を表明した。妹も進む道を決めている。「1人で戦っても意味がない。千春がいなくなったら、続ける意味がない。甘えん坊なんで」。おそらく姉は反対する。でも決めたことだ。「絶対に(続けろって)言われると思う。でも、それでも説得はされない」。レスリング界を席巻した最強姉妹は、北京で一つの区切りを付けた。
(引用:ライブドアニュース)

テーマ : スポーツ
ジャンル : ニュース

tag : 北京五輪 レスリング女子 伊調馨

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。