スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉田 2大会連続「金」ロンドンで3連覇

 「北京五輪・女子レスリング」(16日)
 最強女王の貫禄-。女子55キロ級の吉田沙保里(25)=綜合警備保障=は決勝で許莉(中国)に第2ピリオド43秒、フォール勝ちしアテネに続く2連覇を果たした。吉田は次回の2012年ロンドン大会で日本女子代表では前人未到の3連覇を目指すことを明言した。
  ◇  ◇
 吉田が泣いた。勝って涙した。7カ月間の苦しみから解き放たれた瞬間、涙腺は決壊した。ガッツポーズの後、栄和人女子日本代表監督から肩車される間も顔を押さえた。それでも、目を充血させながら側転からバック宙を披露。最強女王らしいパフォーマンスだった。

 最後は完ぺき。右足を取って倒した相手のバックに回ると、両腕を決めてきれいに裏返し。ブリッジで逃げようとするところを鮮やかに押さえ込んだ。「アテネのときも泣いてなかったかな?いつ泣いたか覚えてないけど、今日が一番泣いた。うれし泣きは」。
 119という数字は生涯忘れられない。今年の1月19日、中国・太原で行われたW杯で連勝が119でストップした。無名のマルシー・バンデュセン(米国)に判定負け。01年12月以降、6年以上も勝ち続けた女王のショックは計り知れなかった。帰国時の成田空港でも号泣した。寝ようとしてもタックルを返されたシーンがよみがえり、寝付けない日が続いた。それでも、再起した。敗戦を報じる新聞を毎日見つめ、練習に没頭した。
 試合の朝、栄監督から“忌まわしい”W杯の銅メダルを見せられた。恩師はあえて北京に持参。決勝はコートサイドに持ち込み、完全復活を呼び込んだ。「1月のW杯でタックルを返されて負けたんで、今回の五輪では返されないで入ろうと。全試合タックルに入って、返されないで優勝できたのは良かった」。晴れやかな笑みが戻った。
 既に4年後のロンドンを見据えている。実現すれば日本女子アスリートでは初の快挙だ。開会式の翌9日、尊敬する谷亮子が銅に終わり、3連覇を逃した。北京出発前の吉田は名古屋市内の焼き肉店で一報を聞いた。連絡してきた高田裕司日本レスリング協会専務理事から「これで3連覇するのはお前しかいない」と、ハッパをかけられた。
 直前に金を逃した伊調千春、谷、そして直前に出場辞退した野口みずきについては「同じ三重県人として野口さんの分まで頑張りました」と話した。彼女たちの思いも背負って勝ち得た金メダルで、2012年への栄光の道が切り開かれた。「4年は長いようで短い。3連覇できるように頑張る」。この日で再起後、11連勝。再び快進撃が始まる。
(引用:ライブドアニュース)

やりましたね~!!
ロンドンも目指してこれからも頑張れ~!!

tag : 北京五輪 女子レスリング 吉田沙保里

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。