スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塚田号泣!残り8秒で逆転され銀…柔道女子

 ◆北京五輪 柔道女子78キロ超級(15日・北京科技大体育館) 塚田真希(26)=綜合警備保障=は決勝で世界選手権2連覇のトウ文(中国)と対戦。残り8秒で背負い投げで一本負けし、連覇はならなかった。

 塚田は相手の投げ技を再三こらえ、開始約1分30秒、足を払い有効ポイントを得てリード。その後も指導一つ与えられたが、攻め手を緩めず再三相手の技もこらえた。しかしリードを保った残り8秒で相手に背負い投げを決められ、一本負けした。

 塚田真希「最後はあまり覚えていない。悔しいです。これが結果です。ちょっと今は考えられない。すみません。これまで悔しい思いをしていたので、自分の持っているものを出し切って勝負したかった。出し切れたと思う」

 ◆トウ文(中国)世界選手権は05、07年と同級2連覇。03年は無差別級で優勝。怪力を生かした柔道が持ち味で、得意は背負い投げ、小外刈り。180センチ、130キロ。25歳。
(引用:ライブドアニュース)

ん・・・残念・・・

テーマ : オリンピック総合
ジャンル : ニュース

tag : 北京五輪 柔道 塚田真希

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。