スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒデ復帰してヨ!ラモス常務が乱入予告

 ヒデ、現役復帰してくれ!06年W杯ドイツ大会限りで現役を引退した元日本代表MF中田英寿氏(31)が14日、6月7日に親善試合を行う「JAPAN STARS」を率いて東京Vのサテライトチームとの練習試合に出場。2アシストをマークするなど現役時をほうふつさせるプレーを披露した。中田氏にラブコールを送り続けている東京Vのラモス瑠偉・常務取締役(51)は、あらためて現役復帰を訴えた。

 “世界のヒデ”が日本のピッチに帰ってきた。長く伸びた髪を後ろで束ねた姿以外、現役時代と何ら変わらない。

攻撃的MFに入ると鋭い視線で指示を出し、DF陣の間を抜く代名詞の“キラーパス”で2アシスト。若い選手相手に当たり勝つシーンもあった。ピッチに君臨する姿は、日本中が知っているあの「中田英寿」だった。

 「こういう機会を受けてくれたヴェルディ(東京V)に感謝したいし、忙しい中、集まってくれた選手にも感謝したい」

 中田氏が国内で実戦プレーを披露するのは、W杯ドイツ大会直前に日本代表の一員として福島の高校生と対戦した06年5月24日(Jヴィレッジ)以来、721日ぶり。引退後は“旅人”として世界を巡っていたヒデをひと目見ようと、東京・稲城のよみうりランドには約1000人の観客が詰めかけた。中田氏は「動けていない。(現役時代に比べ)まだ3、4割ですね。もう少し動けないとダメなんで練習しようと思います」と謙そんしたが、試合に向けては「MVPとか取れるものは全部獲りたい」と意欲ものぞかせた。

 このプレーを見て黙っていられなかったのが、東京Vのラモス常務だ。東京Vの練習への参加が報じられた4日に「ウチの選手は彼に教えてもらうことがたくさんある。絶対に復帰させる。口説くのも僕の仕事」と中田氏獲得をぶち上げたが、この日も熱い思いは止まらなかった。「やっぱ、うまい。復帰させないともったいないヨ。サッカーやれ!もう一度男になれヨ!2、3カ月で(元のように)できる。8月には登録できる」とあらためて現役復帰を希望。6月7日には契約書を持って親善試合(日産ス)に乱入するパフォーマンス構想も披露した。

 “直訴”を受けた中田氏のマネジメント事務所の次原悦子社長は「ヒデの旅はまだまだ続きます、職業・旅人なんで」と笑顔で語ったが、ラモス常務は「旅してる場合じゃない!旅なんて誰も感動しないヨ!オレは本気。中田も真剣に考えてほしい」と熱烈なラブコールを送った。ラモス常務の熱意が、旅人・ヒデの心を動かせるかどうか――。
(引用:ライブドアニュース)

テーマ : スポーツ
ジャンル : ニュース

tag : 中田英寿 ラモス瑠偉

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。