スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼井優「ビックリ」主演女優賞受賞

 東京映画記者会(デイリースポーツなど在京スポーツ7紙の映画担当記者で構成)が制定する「第49回ブルーリボン賞」が24日、決定した。作品賞は李相日監督の「フラガール」、監督賞は「ゆれる」の西川美和監督と、ともに32歳の新鋭監督作品が獲得。主演女優賞は「フラガール」「ハチミツとクローバー」の蒼井優(21)が、主演男優賞は「明日の記憶」の渡辺謙(47)が受賞した。授賞式は2月13日、東京・イイノホールで開かれる。
 21歳という若さでの受賞となった蒼井は「主演(女優賞)!?と思われる方も多いと思います。だれよりも私が一番、ただ、ただ驚いています…。演技がうまい、って思われたらどうしよう」と、はにかんだ。

蒼井優すばらしい女優になりつつありますね。
私はまだ「フラガール」「ハチミツとクローバー」も見ていないですが、
「ハチミツとクローバー」はレンタルして見たいと思った作品です。

 「フラガール」の完成披露試写会の2日前の昨年6月9日、大好きだった祖母を失った。がんで入退院を繰り返していた祖母。中3の春、映画「リリィ・シュシュのすべて」でのデビュー後、雑誌の切り抜きを集めたり、CMを楽しみにしてくれていた。
 圧倒的なプロ意識は同年代で比較する者がいないほど。完成披露ではフラダンスを披露する予定だったが、祖母を失ったショックから、「とても踊れる状態じゃない。絶対行かない」と一度は首を横に振った。
 それでも、周囲から説得され、目が覚めた。「自分は今まで、映画のメッセージに共感できないと出演しない、と言い続けてきた。でも映画(フラガール)はプロとしてどうやっていくか、というテーマなのに、私は逆のことをやろうとしている、と。祖母が“口先だけだ”と私の甘さを指摘してくれた」。
 6月11日。福岡での葬儀に最後まで立ち会えず、東京にトンボ返り。悲しみを押し殺し、笑顔でフラダンスを踊った。「つらかったけど…、映画を作ることの責任感を、祖母が教えてくれた気がします」と、凛(りん)とした瞳を向けた。
 「フラガール」を見た父が、劇場を出てすぐに興奮した声で「見たよ!」と電話をかけてきたという。「いつもはそんなことないんですけど」。家族の絆とともに、さらにまた大きく羽ばたいた。
(引用:ライブドアニュース)

つらいなか頑張りましたね。
お婆様もきっと喜んでいると思います。
これからも素晴らしい女優さんとして活動していって下さいね。

tag : 蒼井優

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。