スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野村が落選 五輪4連覇ならず引退へ

 柔道の男子60キロ級で五輪を3連覇中だった野村忠宏(33)=ミキハウス=の現役引退が6日、確実になった。野村に近い関係者が明らかにした。野村は5日の全日本選抜体重別選手権の同級準決勝で敗れ、代表候補から落選。以前から北京五輪を集大成と明言しており、その道が閉ざされたことで引退が確実となった。
 野村は1996年アトランタから五輪を3大会連続で制したが、昨年5月に右ひざ靱帯(じんたい)断裂の重傷。柔道人生最大の危機に直面した。「落ち込んでいる。1人にして欲しい」。妻・葉子さん(34)に電話をかけた。「顔を見ると現実に戻ってしまう」と、長男・基晴ちゃん(2つ)にも会わず部屋にこもった。

 それでも「俺が一番強い」という強烈な自意識が野村を支えた。五輪4連覇がモチベーションのすべてだった。一方で最近は体力の衰えを自覚していた。恩師の細川伸二・全日本柔道連盟男子強化部長は「ここ1、2年は練習量が急激に増えた。天才が努力家になった」と指摘したが、努力家も“人の子”。いつか必ず、限界の時は来る。本人も「練習の次の日に疲れが残る」と家族に漏らしていたという。
 5日の準決勝敗退後、野村は「慢心があった」と首を振った。そして、一夜明けたこの日、会場に姿を見せた野村は、陣営のスタッフから自身の“落選”を伝え聞くと「ありがとう」と、一言残して会場を立ち去った。陣営は「近日中に会見を行う」として明言を避けたが、五輪出場が消滅した時点で、もうこれ以上、戦う理由がなくなったということだろう。
 4連覇は実現できずとも、五輪柔道史上初の3連覇は色あせない。33歳は五輪で一度も負けることなく畳を下りる。
(引用:ライブドアニュース)

北京での活躍見たかったな・・・

tag : 柔道 野村忠宏

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。