スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2時間半遅れ…10年ぶりにXが復活

 伝説のロックバンド・X JAPANが28日、東京ドームで3夜連続の復活公演をスタートさせた。97年の大みそか以来待ちに待ったライブはスタートが約2時間半も遅れた。だが、待たされたファンから文句も出ず全身全霊で声援を送った。98年に亡くなったギターのHIDEさんもホログラム(立体映像)で“登場”し、メンバー勢ぞろい。「破壊の夜」と題した復活第一夜に5万人の観客は酔いしれた。
  ◇  ◇
 「本当にやるのか?」。そんな不安もささやかれる中、10年3カ月、3740日の時を経て止まっていたX JAPANの時間が動き始めた。

 リハーサルが長引き、ライブスタートは2時間半遅れた。主催者からの説明もなし。しかし、10年待たされてきたファンは数時間の遅れなどものともしない。午後8時53分、TOSHIの「Rusty Nail」の歌声で「X JAPAN 攻撃再開2008 I.V.~破滅に向かって~」が始まると5万人の大歓声でドームが揺れた。
 幕が落ちて、ホログラムのHIDEさんを含むYOSHIKI、PATA、HEATHが姿を見せると会場は早くも半狂乱となった。TOSHIは「待たせて申し訳なかったな。YOSHIKIがちょっと遅れたぜ」と説明。YOSHIKIの肩をたたくTOSHIの姿にファンも自然と笑顔に。会場には押尾学(29)・矢田亜希子(29)夫妻、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(34)らの姿もあった。
 メンバーの確執、HIDEさんの死などもあり、もう無理かと思われていた復活劇。昨年10月に活動再開が宣言され、同月の新曲「I.V.」のPV撮影ではメンバーが顔をそろえた。今年2月24日に一般発売されたチケットは当然のように即完売。TOSHIの「会いたかったぜー」という叫びはファンの心の声でもあった。
 時が過ぎてもライブのノリは変わらない。ドラムセットをたたき壊すパフォーマンスを見せたYOSHIKIは最後は精根尽き果てたように倒れ、スタッフに担ぎ出された。衝撃の結末に会場からは「えー!」と驚きの声が上がっていた。
(引用:ライブドアニュース)

tag : 破壊の夜

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。