スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松山ケンイチ、連ドラ初主演

 俳優の松山ケンイチ(21)が連続ドラマに初主演することが23日、分かった。4月スタートの日テレ系「セクシーボイスアンドロボ」(火曜・後10時)で、同名コミックが原作。女好きなロボットオタク青年を演じ、14歳の少女とともに難事件を解決していくというストーリー。初主演に「不安はありますが、充実した日を送れれば」と意欲を見せている。

 昨年、報知映画賞で最優秀新人賞を受賞するなど、映画での活躍がめざましい松山が、連ドラに初主演する。

 「セクシーボイスアンドロボ」は、2000年12月~03年2月まで小学館「IKKI」に連載された同名コミックが原作。02年度の文化庁メディア芸術祭のマンガ部門で大賞を獲得、芸術的に高い人気作品だ。

初主演がオタク青年役ですか・・・
ちょっと想像つかないです。

 他人のあらゆる声を聞き分け、声マネもできるのが特技で「セクシーボイス」のコードネームを持つ14歳の少女・ニコと、ロボットが大好きなオタク青年・ロボの冒険活劇。2人が謎の婦人から依頼を受けて、次々と事件を解決していく。松山はロボ役を演じる。ニコ役は現在、中学生の女優で調整中だ。

 映画「デスノート」では超個性的なキャラクター・Lを好演したが、今度も1万5000体ものフィギュアを持ち、出会い系サイトに精を出すなどかなり個性的。松山は「Lの次は、ロボと街で呼ばれたい」と気合十分で「3か月間、自分をおいてけぼりにしないで、充実した日をおくれれば」と目を輝かせる。ドラマデビューも日テレ系の「ごくせん」(02年4月)で「また一緒に仕事をできる機会を与えて頂きうれしい」としている。昨年「ドラマ、舞台にもどんどん出たい」と語っていた。

 放送される火曜日の午後10時は、4月から新たに新設される連ドラ枠。「野ブタ。をプロデュース」「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」などを手がけた河野英裕プロデューサーは「大人も楽しめつつ、若い人に目を向けた番組にしたい。松山さんは10代の子にすごく人気があるので」と期待を寄せている。
(引用:ライブドアニュース)

コミックが原作のようだけど・・・
まったく知らないな・・・
4月スタートが楽しみです。

tag : 松山ケンイチ

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。