スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18歳錦織、修造以来2人目ツアー制覇

 男子テニスデルレービーチ国際選手権は17日、米フロリダ州デルレービーチでシングルス決勝が行われ、18歳の天才少年・錦織圭(にしこり・けい、IMG)が第1シードのジェームズ・ブレーク(米国)を3−6、6−1、6−4で破って優勝した。1970年に現行の男子ツアーがスタートしてから、日本勢では松岡修造が92年4月の韓国オープンを制して以来16年ぶりの快挙。18歳1か月の優勝は史上2位の若さ。テニス界に超新星が現れた。

 18歳のシンデレラボーイが頂点に上り詰めた。ツアー大会出場はわずか6戦目。予選から勝ち上がって8試合目で迎えた決勝。「ニッポン」コールを受けて、念願の初優勝をつかんだ錦織は「信じられない。最高の大会になった」と喜んだ。

 試合前の世界ランキングは244位。「勝つ自分をイメージしようと努力したが、できなかった」同12位のブレークとの決勝を控え、前夜は緊張を抑えられなかった。不安は第1セットに表れ、3−6で落とした。しかし、コート深くに打ち込むストロークがさえを見せ始め、第2セットは5−0と一方的な展開。第3セットも相手の意表を突くショットを織り交ぜ、サービスゲームを2度破って勝利をつかんだ。

 18歳1か月のツアー勝利は、98年に16歳10か月で優勝したヒューイット(オーストラリア)に次ぐ史上2番目の若さ。プロ転向5か月目で6万8800ドル(約743万円)の優勝賞金を獲得。敗れたブレークも「彼には明るい未来がある」と祝福した。

 5歳でテニスを始め、小学生のころは01年全国小学生選手権など数々のジュニア大会で優勝。竹内映二・五輪日本代表監督は「ネットプレーやスライスなど、子供のころから多彩で奇想天外なプレーをしていて驚いた」と才能を評価する。

 日本協会・盛田正明会長が設立したテニスファンドの援助で、天才少年は13歳から米国の名門アカデミーに留学。英語を話し、しっかりした自己主張することが求められる厳しい環境に、もの静かな少年は最初はホームシックになったが、世界中から集まった逸材にもまれて、才能はたくましく伸ばされた。目標とする世界1位のフェデラー(スイス)の練習相手に指名されたこともある。

 柔らかい手首を生かしたフォアハンドのストロークは早くも世界でも一級品で、コントロール抜群。178センチから繰り出すサーブにも磨きがかかった。優勝で世界ランクは131位に急浮上。4大大会の出場枠は128人。3か月後の全仏オープンも射程に捕らえた。「いろいろな若い人がスポーツ界で活躍する中、彼の存在は日本テニスの未来に希望を与える。長い目で応援したい」と竹内監督。真に世界トップを目指せ、世界を驚かせられる“プリンス”が誕生した。

 ◆錦織圭(にしこり・けい)
▽生まれ 1989年12月29日、18歳。島根・松江市。
▽学校 松江市立乃木小、開星中。現在は青森山田高通信制在学中。
▽テニス歴 5歳から。2001年に全国小学生選手権で優勝。
▽武者修行 13歳から米フロリダ州のIMGニックボロテリー・アカデミーに留学。03年ジュニアの世界トップが集うオレンジボウルの14歳以下シングルス準優勝。06年全仏ジュニア男子ダブルスで日本男子初の4大大会ジュニア制覇。07年7月の米インディアナポリス選手権で日本男子最年少でツアー8強。
▽プロ転向 07年10月、AIGジャパンオープン直前に。
▽用具 ウイルソン(ラケット、ストリングス)、アディダス(シューズ、ウエア)。ウイルソンとは日本人初となる米国本社とのワールドワイド契約を結ぶ。
▽サイズ 178センチ、70キロ。
▽尊敬する選手 ロジャー・フェデラー(26)=スイス=
▽家族 両親と姉。

 ◆松岡氏ゲキ ボクの先を行け 〇…錦織が世界を意識したのは小5の時。松岡修造氏が全国から有望な小学生を集めたキャンプに参加した。松岡氏は「本当に引っ込み思案だった。決断力や自分をアピールする力がないと、世界では戦えないと厳しく叩き込んだ」と振り返る。たくましく成長した錦織の快挙に「びっくりしたとともにうれしいが、このくらいの実力は持っているとも思っていた。世界のトップ10入りや4大大会優勝の可能性を持っている。僕の先の道を切り開いてほしい」とゲキを飛ばした。

 ◆島根の父「グレート!!」 ○…父・清志さん(51)は島根・松江市の自宅でインターネットを通してパソコンで観戦。「本戦に行っただけで喜んだのに、まさか優勝してしまうとは信じられない」13歳で渡米してから、錦織が日本に帰るのは年に1週間程度。「里心がつくと良くない」と放任主義を貫くが、帰宅した時は母・恵理さん(47)が好物の鶏の空揚げや焼き魚を作って待っている。プロ転向と腰痛で重圧もあったが、年明けから始めたメンタルトレーニングの効果もあって逆転V。「この勝利はミラクルではなくグレート。100位以内に入ることを目指して頑張ってほしい」と息子にエールを送った。

 ◆男子ツアー 格付け上位から4大大会(全豪、全仏、ウィンブルドン、全米)、マスターズ・シリーズ(9大会)、インターナショナル・シリーズ・ゴールド、インターナショナル・シリーズ、チャレンジャーズ、フューチャーズがあり、4大大会などの国際連盟主催大会以外はATP(男子プロテニス協会)が運営している。今回のデルレービーチはインターナショナル・シリーズ。世界ランキングは過去52週(約1年)間に自身が出場した中の成績上位18大会(年末のマスターズ・カップ出場者=成績上位8人=はその分も加算)のポイント合計で算出される。
(引用:ライブドアニュース)

錦織くん凄いね~
これからもガンバレ~

テーマ : スポーツ
ジャンル : ニュース

tag : 男子テニス デルレービーチ国際選手権 錦織圭 松岡修造

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。