スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古田監督がノリ救う!獲得再要請へ

 ヤクルト・古田敦也監督(41)が23日、オリックスから自由契約となった中村紀洋内野手(33)の獲得に向け、球団と再交渉する考えを示した。すでに球団側は同監督の意向を受けた上で獲得を完全否定しているが、あらためて「プレーする場所がないのは球界にとって大きな損失だ」と多菊善和球団社長(71)に再要請するつもりだ。獲得に乗り出す球団が皆無の中村に、一筋の光が差し込んだ。
 満面の笑み 悩める中村の満面に笑みが広がった。「ホンマですか!まだ僕のところには何も連絡はきてませんが、そういう話をしていただけるのはありがたいです」-。獲得に意欲を示したヤクルト・古田監督の言葉に、心の底から感謝した。

中村どうなるんだろうね・・・

 現時点で獲得に乗り出す球団はなく、前日にはオリックス・宮内オーナーが「向こうから言ってくるなら、考えるでしょう」と話し、中村自身が復帰を望めば、再契約を検討する考えも示したほど。移籍先探しが極めて難航する中での古田監督の発言は、現状ではまさに一筋の光といえる。
 この日午前、ヤクルト・多菊球団社長は「古田が言ってきたけど、断った」と中村の獲得を否定したものの、神宮球場で自主トレ中の古田監督は「社長の意向に沿う?それは約束できない」と明言。「あれだけ実績があって、力はだれもが認める。いろいろいきさつがあったにしろ、プレーするチームがないのは球界にとって大きな損失だ」と続けた。
 その上で「それだけの選手が自由契約になって、ウチは三塁手がいない現実がある。途中経過を話すつもりはない。うまくいくものも、いかなくなる」と獲得を再要請することを示唆。「最終的に決めるのは社長」としたが、中村に“救いの手”を差し伸べるため、もう一度動くつもりだ。
 2人は、ともに関西出身で親交が深い。昨年12月9日に大阪府豊中市で行われたプロ野球40年会と同48年会の合同イベントにも、そろって参加。下交渉で年俸8000万円を提示されてショックを受ける中村を、古田監督は当時から気にかけていた。
 ヤクルトは岩村が米デビルレイズに移籍したことで、外野から宮出と飯原を本格コンバートさせるなど、若手の成長を重視。ただ、正三塁手が不在なだけに、芦屋市内のスポーツジムで汗を流した中村は「僕から連絡したいけど、タイミングもある。ユニホームを着させていただけたら命がけで恩返しさせていただきたい。祈るだけです」と連絡を心待ちにする。
 もっとも、多菊球団社長はこの日夜も態度を変えていない。中村との友情から動いた古田監督の熱意が現実となるかは、今後の交渉次第となりそうだ。
(引用:ライブドアニュース)

早くプレイ出来るチームが決まると良いですね。

テーマ : スポーツ
ジャンル : ニュース

tag : ヤクルト 古田敦也 中村紀洋

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。