スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野口 圧勝!五輪連覇の扉こじ開けた

 東京国際女子マラソン兼北京五輪代表選考レース(18日)で、アテネ五輪覇者で日本記録保持者の野口みずき(29)=シスメックス=が五輪代表の座を確実にした。スタート時の気温18度という暑さの中、99年山口衛里(当時天満屋)が持つ2時間22分12秒を上回る大会新記録の2時間21分37秒で優勝。女子マラソン史上初の五輪連覇へ夢を膨らませた。前日本記録保持者の渋井陽子(28)=三井住友海上=は29キロ過ぎに失速し、2時間34分19秒の7位に終わった。すでに土佐礼子(31)=三井住友海上=が内定している五輪代表3枠は、来年3月の名古屋国際後の日本陸連理事会、評議員会で決定する。
 野口はやっぱり強かった。2年2カ月のブランクも、季節外れの暑さも関係なかった。“東京名物”の上り坂の35キロから40キロを16分56秒で駆け上がり、驚異の大会新で五輪代表を確実にした。「みんな調子いいと聞いてたんで、すっごく怖かったです」。優勝インタビューが“建前”に聞こえるほど、完ぺきなレース運びだった。

 15キロ過ぎから渋井、コスゲイ(ケニア)と3人の争いとなったが、同学年のライバルは29キロ過ぎに失速。その後のマッチレースでは格の違いを見せつけた。30キロ過ぎで1度仕掛けた後、上り坂にさしかかる36・5キロ過ぎで再び加速。ケニアの実力者に追いすがる余力はなかった。
 前人未到の五輪連覇が完全に視界に入った。「北京行きが決まったら、それを目標にしたい」と力強く断言。「(世界陸上2位の)周さん(春秀=中国)とか強いライバルがいっぱい。負けないようにトレーニングに励みたい」とひと足早い“抱負”も披露した。
 五輪出場を確実にしただけではなく、本大会の優勝は格別だった。ゴール直前、観客席にVサインを掲げたように見えたが、実は“3本指”だった。これまで名古屋国際(02年)、大阪国際(03年)を制しており、これが日本人初の国内3大大会制覇。優勝会見では「日本の3大オリンピック」と言い間違えて恥ずかしがった。
 昨年9月のベルリン、今年4月のロンドンをいずれも左足の負傷で回避。長期ブランクにも、心は折れなかった。弱かった左足を強化し、走りのバランスも改善。アテネ五輪、日本記録を樹立した05年ベルリン以上の状態で帰ってきた。
 「以前の私とは別の私。マラソンへの気持ち、練習への気持ちは強くなってる。年齢とか関係ないんだなと思った」と大きくうなずいた。広瀬コーチは「本人は北京が最終目標じゃない。(その後も)走りたいと言ってる。34歳でロンドン(五輪)を走るかは分からないけど」と笑いながら気持ちを代弁した。五輪V2すら通過点と思えそうな完全復活。最強女王にもはや死角はない。
(引用:ライブドアニュース)

すごいね~

テーマ : スポーツニュース
ジャンル : ニュース

tag : 東京国際女子マラソン 野口みずき

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。