スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡哲也まるでエリカ様?「特にないです」連発…ドラマ「おいしいごはん」制作発表

 俳優の渡哲也(65)、藤原紀香(36)、徳重聡(29)が24日、神奈川・逗子マリーナでテレ朝系「おいしいごはん 鎌倉・春日井米店」(25日スタート、木曜・後9時)の制作発表に出席した。破天荒オヤジを演じる渡は、話題となった沢尻エリカの態度をまねて「特にないです」を連発するなど、ちゃめっ気たっぷり。会見でも、きずなの強さを見せた渡一家が“古き良き家族の団らんの大切さ”を演じていく。

 寡黙なイメージの強い渡が、ホームコメディーに挑戦する。

 渡は「今までの役柄の中でこういった役は初めて」と話すように、劇中では、髪は逆立ち、ジーパンにアロハシャツ、ゲタという一風変わったいで立ち。「脚本の描くおかしさ、悲しさ。家族のしみじみ、ほのぼのとしたものをどう表現するか戸惑いながらクランクインした」当初は苦悩もあったが、今では吹っ切れた様子。質問にも「特にないです」の“エリカ流”で爆笑を誘った。

 同作は、鎌倉の老舗米店を舞台に崩壊していた家族の再生を描くホームドラマ。家族と絶縁状態にあった頑固親父の竜平(渡)が、心臓病で余命わずかと診断されたことから15年ぶりに家族と再会。一家が家族のきずなを取り戻していくもの。脚本は映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の古沢良太氏が手がける。

 実際にドラマが求める「家族の温もり、きずな」を象徴するシーンがあった。子役の土井洋輝(8つ)が「この家族と別れたくないです。別れるのはつらいです」と号泣すると、渡は目を細め、夫婦役の徳重・紀香は思わずもらい泣き。ただ「視聴率が良かったら(石原プロの)小林専務さんがスペシャルを作ってくれると言いました」と続けると、一瞬のうちに涙は笑いへ変わった。

 紀香は陣内智則(33)と結婚後、初の連ドラ出演になるが「1人でも多くの方に家族の温かさ、大切さが伝われば」。渡は「明るく、礼儀正しい。いると現場が華やぐ」と、その良妻ぶりに太鼓判を押していた。

 ドラマは、この日の午前にクランクアップ。会見終了後には、カレーライス、豚汁などの「炊き出し」が用意され、石原軍団流でキャスト、スタッフの労をねぎらった。
(引用:ライブドアニュース)

tag : 渡哲也 藤原紀香 徳重聡 おいしいごはん 鎌倉・春日井米店

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。