スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内藤、亀田家の挑発受け流した

 試合前日の舌戦は王者・内藤大助(33=宮田)が、亀田大毅(18=協栄)に判定勝ちした。WBCフライ級タイトルマッチの調印式が10日、東京・文京区の後楽園飯店で行われた。会場には長男・興毅(20=協栄)、三男・和毅(16)が乱入。トレーナーの父・史郎氏(42)を合わせた亀田ファミリーと内藤は最後の舌戦を終え、11日のゴング(午後7時55分予定)を待つだけになった。前日計量では両選手ともにリミットの50・8キロで一発パスした。

 口火を切ったのは興毅だった。大毅とともに突然、会場に現れ、報道陣席の内藤のほぼ正面でにらみを利かせていた長男が、会見のスタートとともに仕掛けた。

 大毅選手へのメッセージは?との質問に内藤が「ないです」と答えた直後、「国民の期待に応えたれや」と突っ込んだ。内藤陣営が作ったポスターに使われている「国民の期待」のフレーズ。内藤が「オレ、記者会見してんだから。何で怒ってんの」と返して雰囲気は一気に険悪になった。

 大毅「オレが負けたら切腹するよ。おまえ、負けたら切腹するんか」

 内藤「オレはそんな約束できん」

 史郎氏が「それじゃ成立せんやんか、あほ」と割って入る。

 大毅「根性ゼロや。おまえとは意気込みが違うんや。そのベルト死ぬ気で奪いにいくわ」

 ――あらためて内藤選手の印象は?

 大毅「顔がでかい」

 続いて、大毅がこの日のために用意した金色のハーフコートに質問が及んだ。

 ――きょうの衣装は?

 大毅「内藤と全然違うやろ。ボクシングのこと知らん人が見たら、どっちが王者に見える?こっちやろ。内藤君、これ着ても似合わんと思うわ」

 内藤「なかなか似合う人もいないと思うけど」

 スポーツ・メーカーからプレゼントされたグレーのジャージー姿の内藤が答えると、場内は爆笑に包まれた。

 最後に「あらためて内藤選手、あしたは何のために戦いますか」との質問が飛ぶと、内藤は「国民のためです」と答えて再び笑わせた。

 会見後の計量では、大毅がツーショットの写真撮影と握手を一方的に拒否。報道陣を振り払うように会場を後にした。残った内藤はゆっくりと水分を補給。「頭にくるかと思ったけど、家族愛を感じた」と振り返った。いきり立つ18歳の挑戦者と泰然自若を貫く33歳の王者。前哨戦の軍配は誰の目にも明らかだった。
(引用:ライブドアニュース)

tag : 内藤大助 亀田大毅 亀田ファミリー

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。