スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿部 約束の27号満塁サヨナラ弾

 【巨人7−3ヤクルト】阿部主将は最高でーす。巨人は19日のヤクルト戦で3―3の延長10回1死満塁から阿部慎之助捕手(28)が27号グランドスラムを放ち、今季初のサヨナラ勝ちを飾った。チームの満塁弾によるサヨナラ劇は01年7月14日広島戦の清原(現オリックス)以来の快挙。中日が横浜を下し首位奪取こそならなかったが、阿部の一発は3カード連続負け越しを阻止するとともに、夏バテ気味のチームにカツを入れた。

 夢が現実に変わった瞬間、東京ドームに地鳴りがわき起こった。阿部の放った打球が右中間上段に吸い込まれる。満塁の走者が生還。最後にホームを踏んだ阿部はナインにもみくちゃにされた。今季110試合目で初のサヨナラ勝利。キャプテンが劇的な満塁アーチで決めた。

 「犠牲フライでいいと思っていたけど、ちょっと格好よすぎたよね」。9回に小笠原の同点ソロで延長戦に突入。迎えた10回1死二、三塁でヤクルトバッテリーは二岡との勝負を選択する。ネクストバッターズサークルの阿部は「決めてくれ」と心の中で叫んだ。だが二岡は死球でサヨナラの舞台が巡ってきた。0―3、1球ストライクを見逃した後の5球目だ。「押し出しは全く考えてなかった。甘い球なら全部振っていこう」。館山の直球を最高のフルスイングで仕留め、巨人では01年清原以来6年ぶり9本目の劇弾を放った。

 「よかった。きょう打てて、きのう打てれば最高だったけどね」。ヒーローは右ポケットにしのばせたオレンジ色のお守りを握り締めた。18日に骨組織が増殖し、関節の自由が利かなくなってしまう難病「FOP」を患う武田捷冶君(小学5年)と会った。大の阿部ファン。捷冶君から「ホームランを打ってください」と手作りのお守りまでもらった。阿部は「これを着けて応援して」と白いリストバンドをプレゼント。ホームランは打てなかったが、試合後に「あした打つから」と約束し有言実行を果たした。右腕には同じ白いリストバンド。お立ち台で右腕を突き上げ「最高です!」を3度繰り返した。

 「重いゲームの中で阿部がよく打ってくれた。私自身スッキリしたけど、全員がそういう気持ちだったと思う」と原監督。最近は投打の歯車がかみ合わないゲームが続いた。前カードの広島に3連敗、ヤクルトにも1勝1敗で迎えた3戦目。下位チーム相手に取りこぼし続きでは首位は見えてこない。背番号10がチームを救った。

 阿部のサヨナラ本塁打は通算5本目で「サヨナラ慎ちゃん」の復活劇ともなった。5打点を加えて通算81打点。中日のウッズを抜き、再びリーグトップに躍り出た。21日からは本拠地で中日との首位決戦。「僕らはチャレンジャー。思い切りぶつかってやりたい」。勝負強い男がいる限り原巨人は強さを失うことはない。

 <ヤクルト 最下位逆戻り>ヤクルトはあと一歩で勝利を逃し、痛恨のサヨナラ負けを喫した古田監督は「(途中まで)良かったんですけど…。(最後は)残念な結果だった」。1点リードの9回に館山が小笠原に同点ソロを被弾。抑えとして登板2試合目での黒星となったが「最後の1イニングは誰が投げても大変。次は取り返してくれるはず」と古田監督。打線も7、8回と2死満塁を逃したことが響き、1日で最下位に逆戻りした。
(引用:ライブドアニュース)

約束が守れてよかったね~
最高のホームランだ!!

テーマ : プロ野球ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 巨人 阿部慎之

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。