スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂口「医龍」が帰ってくる…フジ系10月放送

 人気コミックが原作で、俳優の坂口憲二(31)が天才外科医を演じたフジテレビ系ドラマ「医龍 Team Medical Dragon」(昨年4~6月放送)の続編(木曜・後10時)が10月から放送されることが8日、分かった。前作に引き続き小池徹平(21)、北村一輝(39)らに加え、今作から内田有紀(31)もレギュラー出演し、医療ジャーナリストを演じる。

 天才外科医を演じる坂口が、再びブラウン管の中で華麗なメスさばきを披露する。「医龍−」は昨年4~6月に放送され、平均視聴率14・8%、最終回17・2%を記録した人気の高いドラマだ。

 前作では、難民キャンプで敏腕を振るい、大学病院へと招き入れられた天才心臓外科医・朝田龍太郎(坂口)が、大学病院の権威主義と闘いながらチームを率いて患者を救う様が描かれていた。今作は原作を基にしたオリジナル脚本で、現実社会での日本の医療のさまざまな問題に立ち向かう物語。ドラマを通して問題提起する内容になっている。

 キャストの顔ぶれは前作と変わらず、坂口以外も小池や北村、阿部サダヲ(37)らが出演。さらに今回、新たに内田有紀が加わり、医療ジャーナリストを名乗る女性を演じる。今作の一番のキーパーソンになっているという。

 初回は2時間半スペシャルで放送。すでに撮影もスタートしており、坂口は「前回この作品を終えたとき、もっと朝田を演じたいって気持ちは自分の中にすごくありました」と、はやる気持ちをのぞかせ「撮影初日、伊集院(小池)、藤吉(佐々木蔵之介)たちと一緒のシーンで白衣を通して懐かしいみんなと芝居して『ああ、医龍に帰ってきた』と実感した」と懐かしさも。ただオペの“腕前”はなまっているようで「前回同様、(手術用具の)持針器を持つ練習から始めた」という。

 坂口は来年、俳優デビュー10年目の節目を迎える。「医龍はすごく大事な作品。続編は、最初の作品を見た方たちが『もう一回見てみたい』って思って下さることで可能になった。その期待だけを裏切らず、僕の代表作にしたい」前作以上の熱演を見せてくれそうだ。
(引用:ライブドアニュース)

医龍またやるんですね~
楽しみだな~

tag : 医龍 坂口憲二 小池徹平 北村一輝 内田有紀

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。