スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欽ちゃん走る70キロ…24時間マラソン

 日本テレビ系「24時間テレビ30 愛は地球を救う」(8月18日・後6時30分)でチャリティーマラソンランナーを務めるタレントの萩本欽一(66)が13日、神奈川県内で2日間の合宿を終えた。時折、降りしきる雨にも負けず、8時間かけて自己最長の28・4キロを走破。本番まで残り1か月。走行距離も70キロに決まり「どんなにつらくても、ニッコリ笑って走りたい。気持ちは年を取らないから」と、史上最年長での挑戦に改めて闘志を燃やした。

 午後6時。スタートから8時間を迎え、ゴール地点の宿泊先に戻ってきた欽ちゃん。苦痛でゆがんでいた顔は、ゴールと同時に安堵(あんど)の表情へと変わった。

 トレーニングは過酷を極めた。アップダウンの激しい山道に「夢も希望もないね」と苦笑い。時折、左手で腰を支える場面もみられたが、合間には「坂道はつらいからねー。あれ(欽ちゃん走り)をやってる方が楽なの」と、欽ちゃん走りをやる余裕もみせた。

 初日は雷雨の中、約15キロ。この日も早朝から小雨が降り注ぐ悪条件にもかかわらず、自己最長の28・4キロを走破した。難コースにもかかわらず、2日間で計43キロを制覇し「スタミナ使い切らなきゃ、40キロぐらいは何とかなる」と確かな手応えもつかんだ。

 欽ちゃんの脳裏には「どんなにつらくても、ニッコリ笑って走りたい」という思いが強い。5月27日のランナー発表会見後、全国各地から数十通の手紙が届いた。内容は「死んじゃうよ」「無理しないで」などが多数を占めた。「『頑張って』じゃないんだよ…。みんな心配してくれている。だから、視聴者を心配させたくないんだよ」と欽ちゃん。ただ、声援が力になっているのも事実。「走っていて、みんな『欽ちゃん』と言ってくれる。そう呼ばれると、すごくうれしいんだよね」とも。

 この日、走行距離が70キロに決定。欽ちゃんは、年齢と同じ66キロを予想したというが「予想していたよりも、ちょっときつい感じ。ただ、心配したほどの数字じゃない。正直、悔しいけど、うれしいよ」と笑った。

 10月のトレーニング開始から8か月が経過。走行距離は290キロに到達した。今後は、夏の暑さとも闘っていかねばならない。それでも「66歳をおじさんとは言わせない。ダメと思うな、ダメじゃない」とやる気は十分。真夏の欽ちゃん劇場に向けて、残り1か月間練習を続けていく。
(引用:ライブドアニュース)

欽ちゃんの走る距離は70キロですか~

tag : 24時間テレビ30 愛は地球を救う チャリティーマラソンランナー 萩本欽一

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。