スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R・マドリー、ベッカムの引き止め作戦に出る?

 今シーズン終了後に米MLS、ロサンゼルス・ギャラクシー移籍が決まっているデイビッド・ベッカムだが、レアル・マドリーがベッカムの引き止め作戦に出ようとしている。日曜日、ローラン・ギャロスでの全仏オープン決勝戦を観戦した同クラブのラモン・カルデロン会長は、ベッカムの残留を望む声明を出している。

「ベッカムは、そのプライドで偉大な選手だということを自ら証明している。ファンも彼を望んでいるし、私も彼の残留は大歓迎だ。ベッカム、彼の代理人、そしてミヤトビッチを交え、違約金の検討を含め話し合う必要がある。彼の時期尚早の退団発表に不快感があったのは事実だが、今は彼の残留のために最善をつくすつもりだ」。

 ベッカムの引き止めのためなら違約金の支払いを含め、あらゆる手を尽くすとカルデロン会長は示唆。プロ選手として最高のパフォーマンスを見せ、レアル・マドリーの快進撃を支える中心選手であるベッカムをクラブに留めたいという気持ちも分からなくはない。

 とはいえ、カルデロン会長の発言を受けベッカムの代理人シモン・オリベイラ氏はその可能性をきっぱり否定。「LAギャラクシーとの合意を撤回する考えはない。デイビッドは米国行きを望んでいる。だが、リーガ優勝を果たし、レアル・マドリーでのキャリアに終止符を打つことを希望している」とコメントしている。

 ベッカムは、LAギャラクシーとサインを交わしており、当然違約金も発生する。その違約金は900万ユーロ(約14億6200万円)ともいわれている。LAギャラクシー側もベッカムというビッグネームの加入を待ち望んでいる状態であり、あっさり撤回というわけにはいかない。それに、ロサンゼルスでの新居もようやく見つかり、米国での新たなキャリアのスタートに夢も膨らむベッカムがこれを撤回するとは現時点では考え難い。レアル・マドリーはどう引き止めにでるのか?今後の展開に注目したい。
(引用:ライブドアニュース)

どうなるのでしょうかね・・・

テーマ : サッカーニュース
ジャンル : ニュース

tag : ロサンゼルス・ギャラクシー デイビッド・ベッカム レアル・マドリー

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。