スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛ちゃんまで…日本女子消えた

 福原の世界選手権が終わった。卓球の世界選手権第4日は24日、ザグレブで行われ、女子のエース福原愛(18=ANA)は、シングルス3回戦で世界ランク63位のダニエラ・ドデアン(ルーマニア)に4―0でストレート負けした。平野早矢香(22=ミキハウス)もシングルス3回戦で敗れ、女子は全員が全種目で姿を消した。史上最年少の全日本王者、水谷隼(17=青森山田高)は、男子シングルス3回戦でガオ・ニン(シンガポール)に3―4で逆転負けした。

 「サーっ」のかけ声がメーン会場にむなしく響き、福原の表情が屈辱にゆがむ。世界ランク63位のドデアンに、同11位の福原がストレートで敗れた。14歳6カ月で出場した03年パリ大会は8強まで進出したが、05年上海大会に続き、今大会もシングルス3回戦の壁を破ることはできなかった。

 「前回と同じ(3回戦敗退)だったので、ちょっとショックです…」。第1ゲームをジュースの末に落とすと、一気に押し切られた。前日の23日に3種目6試合を消化した。テレビ中継の都合で空調が完備されたメーンでなく、鉄の屋根で暑さがこもるサブアリーナに約10時間もいた。疲労は「大丈夫だった」と否定したが、動きに全く切れがなかった。

 報道陣の前で史上最年少代表の石川との初対戦を組まれた8日の合宿では「イラっときた」と偽らざる心境を吐露した。合宿では石川をサポートしてきたが、自らの足跡をなぞるように成長する14歳を見つめる内心は複雑だ。関係者は「相当、ライバル心を持っている」と明かす。その石川が敗退してエースの見せ場がきたが、待っていたのは厳しい現実だった。

 4月のブラジルOPでプロツアー初の決勝進出を果たしたが、今季の福原は納得できる試合が圧倒的に少ない。フォームの改造、早大入学に伴う環境の変化、毎年の過密日程…。08年北京五輪で世界と互角に戦うために何が必要なのか。「不調の原因が分かれば直しています」。厳しい表情は苦悩の深さを表していた。
(引用:ライブドアニュース)

残念でしたが、
北京に向けて頑張れ!

tag : 卓球 福原愛 平野早矢香 水谷隼

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。