スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドランク・塚地で名作復活なんだな

 故芦屋雁之助さんの主演で1980年から17年間放送された名作ドラマの復活版「裸の大将~放浪の虫が動き出したので~(仮)」(今夏放送予定)のロケが7日、長野県上田市の別所温泉で行われた。主人公・山下清を演じるのは、ドラマ初主演となるドランクドラゴン塚地武雅(35)。2代目・山下清は「イケメンでなくても主役ができる喜びがある」と熱演を誓っていた。
 丸刈り頭にランニングシャツ、短パン、げた、さらには傘を差したリュックサック…。あの裸の大将・山下清が10年ぶりに帰ってくる。二代目を演じるのはドランクドラゴンの塚地だ。

 97年を最後にシリーズが終了。その後、何度も復活の話が浮上しながら、山下清役にふさわしい人物がいないとして、これまでは流れてきた。しかし、塚地が映画「間宮兄弟」(06年公開)で見せた熱演がスタッフの目に留まり「山下清役はこの人!」と白羽の矢が立てられた。また、雁之助さんの3回忌(04年4月に死去)が過ぎたこともあり、最終的にゴーサインが出た。
 塚地にとってドラマ初主演。しかも子供のころに見ていた作品とあって「こんな体形、顔を持っていてよかった。イケメンでなくても主演できるという喜びがあります」と意気込んだ。
 当初は、新しい「裸の大将」を作るプランもあったが、前作が多くの人に愛されただけに、そのまま踏襲した。塚地も役作りのため、過去の作品を何度も見直した。もちろん髪の毛も丸刈りにし、さらには体重増にも取り組んだという。
 この日、別所温泉で行われたロケでは、後ろ姿が「雁之助さんの姿そのまま」と言われ、共演の萬田久子からも「雁之助さんとオーバーラップする」と大絶賛された。
 前作同様に、シリーズ化が検討されている。塚地は「今は、この一回に力を注いでいるので先のことは考えられない。でも前作の83話を超えられれば。ハリウッド版を作ります」と、はまり役にするつもりだ。
(引用:ライブドアニュース)

塚地の裸の大将どんな出来でしょうかね~
ちょっと楽しみです。

テーマ : 芸能ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 裸の大将 山下清 ドランクドラゴン 塚地武雅

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。