スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラモス監督「また3連敗したら辞任」…J2第10節

 ◆J2第10節 札幌4−3東京V(22日・札幌ドーム) 2試合が行われ、東京Vは敵地で札幌に3−4で敗れた。前半16分までに3点を先制される苦しい展開の中、MF金沢慎(23)の2ゴールなどで一時は同点としたが、後半19分に札幌FWダヴィ(23)に決勝点を許し、万事休す。J2降格後、クラブワーストタイの4連敗を喫した。札幌は首位に浮上。湘南は鳥栖に5−0と大勝した。

 悪夢の4連敗に、ラモス瑠偉監督(50)が必死に作った笑顔も、凍り付いた。序盤からDF土屋、服部がGKへのバックパスをミスするなど自滅して、前半16分までに0−3。それでも今季初先発したMF金沢が、右足で2得点を挙げるなど後半14分に奇跡的に同点とし、一気に逆転を狙ったが「そこで“ガス欠”になってしまった」とMF名波。わずか5分後に札幌得意のカウンターからFWダヴィに左足で決勝点を許した。

 「最近、“事故”が多いね」と、序盤での3失点を振り返ったラモス監督。「これはヤバイと思ったら自分で辞める。3連勝、4連勝(と復調)してまた3連敗したりしたら、考える。辞めますヨ」と勢いに任せて“覚悟”を口にした。しかし、前節までの9試合でわずか3失点の札幌守備陣を粉砕と、光明も見えた。「長い目で見てほしい。自分の手で昇格させたい」と前を向いた指揮官。序盤で直面した難関に正面から立ち向かう。
(引用:ライブドアニュース)

東京ヴェルディどうなっちゃうかね・・・

tag : 東京V ラモス瑠偉

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。