スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[谷亮子]1回戦後に母乳与える 負けても世界選手権の切符

 「ヤワラ」がママになって戻ってきた。8日、福岡市の福岡国際センターで開かれた全日本選抜柔道体重別選手権。05年に佳亮(よしあき)ちゃんを出産した谷亮子選手(31)は決勝で福見友子選手(21)に敗れたものの、過去の実績から世界選手権(9月、リオデジャネイロ)の切符を手にした。

 

 決勝直後、谷選手は「たくさんの人が応援してくれたのに、優勝できなかったことは残念。でも、体調とか試合勘とか少しずつ戻ってきている」と話した。試合で負けるのは、5年前に同じ大会で福見選手に敗れて以来。だが、表情には悔しさよりも、満足感が漂った。

 2年前の6月、妊娠が判明し、7連覇がかかっていたカイロ世界選手権出場を辞退した。05年末に佳亮ちゃんが誕生。育児に追われる中、復帰に向けて佳亮ちゃんを抱いたままスクワットをしたりして体を鍛えた。

 

 「ケガであれば自分のペースでできるけど、育児は違った」。毎晩2、3度、授乳のため起きなければならず、練習時間も子どもに合わせるため、まとまった時間は取れなかった。それでも言い訳はせずに「今回、チャレンジできたことはよかった」と話した。

 

 大会前に「一番の悩み」と話していた授乳は、1回戦後に保存していた母乳を与えた。試合中は佳亮ちゃんの顔を見ずに、「選手の顔」に徹した。「お母さんたちの大変さを身にしみて感じた。私が(母親選手という)新しいスタイルを見せることで応えたい」。谷選手の新たな挑戦が始まった。【百留康隆】
(引用:ライブドアニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000078-mai-spo

ママでも金目指してガンバレ!!

テーマ : スポーツ
ジャンル : ニュース

tag : 全日本選抜柔道体重別選手権 谷亮子

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。