スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興毅が王座返上!ポンサクが標的や

 次の標的はポンサクレックや!ボクシングのWBA世界ライトフライ級王者・亀田興毅(20)=協栄=が18日、東京・新宿区の協栄ジムで会見を行い、同日付で同王座を返上することを表明した。今後フライ級で2階級制覇を目指していくが、標的をWBC世界フライ級王者ポンサクレック(タイ)一本に絞り込んだことが判明。早ければ今秋にも2階級制覇の舞台が用意される。またこの日、3月24日に両国国技館でフライ級ノンタイトル戦を行うことが決定。2階級制覇へ向けて新たなスタートを切る。
 世界王座を返上したばかりの興毅が、早くも次なる標的を絞り込んだ。相手はWBC王者のポンサクレック(タイ)。同階級で歴代1位の記録となる16度の防衛を果たしているフライ級屈指の名王者だ。2階級制覇の偉業をかけて戦う相手としては、申し分のない相手となる。

また人波乱ありそうですね・・・

 フライ級で最初の世界戦はポンサクレックと決めていた。03年12月に興毅がプロデビューした当初からポンサクレックを狙っていた。04年2月にはタイに渡り2度、スパーリングで手を合わせ、「俺が挑戦するまでベルトを持っとけよ」と一方的に挑戦状をたたきつけた。
 最強の相手を求めて王座を返上した。ライトフライ級でやり残したことはない。「統一戦が出来ひんならベルトを持ってても意味があらへん。いつまでもタイトルを守っててもおもしろくないし、挑戦していかんとな。もっと上にいかんとアカンしな」と向上心をのぞかせた。
 次戦はフライ級のリミット50・8キロでノンタイトル戦を行う。相手は未定だが、フライ級の世界ランカーを予定している。仮想ポンサクレックとして相手がサウスポーとなる可能性が高い。これをクリアして6月に世界前哨戦を行い、今秋にもポンサクレック挑戦の青写真を描いている。
 「俺はフライ級がベストやからフライ級でやれば強いで。スカッとする試合をせんとファンに申し訳ないしな。これからはガンガンいくで。強いチャンピオンに挑戦していくわ」。亀田伝説「夢の始まり」の第一章に終止符を打ち、もうひとつ上のステージへと進んでいく。
(引用:ライブドアニュース)

まー頑張って下さいな!!

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。