スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“黄門様”里見浩太朗が人生初の入院

 天下の黄門様も虫には勝てず!?俳優・里見浩太朗(70)が、左耳の鼓膜手術のため2月20日から1週間入院していたことが12日、分かった。都内で行われた主演のTBS・MBS系時代劇「水戸黄門 第37部」(4月9日スタート、月曜、後8・00)の制作発表に出席し、自ら明かした。半年前のゴルフ中に左耳に害虫が侵入したのが原因で炎症を起こしたという。里見にとっては、予想外の形で人生初の入院を味わうことになった。

 制作発表の席で壇上中央に座った里見は、短いあいさつを終えると、突然、切り出した。「3週間ほど前に耳の鼓膜を破りまして1週間ほど入院していました。全身麻酔で手術しました」。会見後、「盲腸は1回あるけど入院は初めて」と苦笑いで人生初の体験を明かした。
 災難は半年前に起こった。ゴルフのラウンド中に左耳に害虫が侵入。違和感はあったが、そのまま放置したために害虫が腐り、炎症を起こして鼓膜が破れてしまったのだ。先月20日に都内の病院に入院。全身麻酔で左耳後部を開く3時間の手術を行い、1週間入院することになった。
 里見にとっては、思いもよらぬ“害虫被害”となったが、けがの功名もあった。病院のベッドで、故東野英治郎さんが主演を務めた初代「水戸黄門」のテレビ再放送を見たという。「なんて立派な腕のある俳優さんなんだろうと思いました。まだまだ僕も甘いなというのを感じた。いい機会、なかなか普段は見れないですからね」。初の入院生活で見た先輩役者の演技力に心を打たれたという。
 里見は「あさって(14日)に病院に行きます」と話すなど現在も治療のため通院中。完全復活はまだ先になりそうだが、手術による不自由は全く感じさせない。
 今シリーズの第11話からは、内藤剛志による「風車の弥七」が8年ぶりに登場するなど話題が集まる。「やり直しだと。7年目の勝負だと思います」。人生初の入院をした里見が、これを機に役者としてさらなる成長を遂げる。
(引用:ライブドアニュース)

虫ってなかなか出て来ませんもんね・・・
手術は嫌だから、何か違和感があったらすぐに医者に見てもらわないといけないね!

tag : 里見浩太朗 水戸黄門

ソーシャルブックマーカー
イザ!ブックマーク FC2ブックマーク

Powered by SEO対策
カテゴリー
最近の出来事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。